健康法:バチッとくる静電気を対策しよう

健康法:バチッとくる静電気を対策しよう

静電気を抑える具体的な対策をご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


冬になると悩まされる静電気。「バチッ」とくると「ああ、もうそんな季節か……」と感じる方も多いのではないでしょうか?実は、静電気が起こるのは「乾燥」と「摩擦」によるもので、この2つを避ければあの「バチッ」という現象も抑えることができます。今回は、静電気を抑える具体的な対策をご紹介しますので、ぜひ今日から実践してみてください。

せたがや日和 静電気

静電気の発生は「乾燥」がカギ

そもそも静電気とはどういうものなのでしょうか。その仕組みを知れば、解決のヒントが見つかるはずです。ここでは特に、ドアノブを触った瞬間にバチッとくる“人と物”の間で起きる静電気について説明します。

そもそも人や物は、電気を帯びています。電気にはプラスとマイナスがあり、通常はバランスがとれています。しかし、人と物・物と物の間で「摩擦」が起こることで、プラスとマイナスがどちらかに偏って、その場に留まる(帯電)ことがあります。これが「動かない電気」=「静電気」の正体です。

そして、人や物に留まった静電気は、水分を介して出ていく性質(放電)があります。したがって、湿気が十分にある夏や、湿度が保たれている部屋では静電気が起こりにくく、乾燥した秋冬や湿度の低い部屋の中では、静電気は逃げることができず体に留まります。そして金属製のドアノブのような電気を通しやすいものを触った途端に、一気に静電気が流れて「バチッ」となるのです。

静電気が平気な方、そうでない方の違い

せたがや日和 静電気

静電気は湿気があると起こりにくく、乾燥すると起こりやすくなります。それでは、静電気が起こりやすいのはどんな方でしょうか。

肌と衣類がこすれることで溜まった静電気は、通常なら肌の水分が逃してくれます。しかし、乾燥肌の方は水分が不足しているため、静電気が逃げられずに蓄えられていく傾向があります。反対に、肌にうるおいが十分にある方は、静電気が起こりくい体質といえるでしょう。

肌の乾燥はさまざまな原因が考えられますが、なかでも季節(秋冬)や加齢は代表的です。肌がカサつきやすいと感じる方は、静電気対策も兼ねて保湿ケアを見直してみるとよいでしょう。以下の記事では、お肌と髪それぞれの保湿対策をご紹介しています。

すぐにできる静電気対策5つ

ここでは今日からでもできる静電気対策をご紹介します。肌の保湿もしつつ、実践できそうなものはどんどん試してみてください。

部屋を加湿する

湿度が上がることで帯電しにくくなるため、加湿器をつけたり、部屋に洗濯物を干したりして、室内の湿度を上げるようにしましょう。適度に湿度がある環境は、鼻や喉の粘膜が乾燥して痛くなるのも防いでくれます。

衣類に「柔軟剤」や「静電気防止スプレー」を使う

柔軟剤は衣類の表面をなめらかにして、静電気の原因となる摩擦を抑えます。洗濯ができない衣類には、静電気防止スプレーをかけてみてください。柔軟剤と同じように摩擦を抑える効果があります。特に、布同士がこすれ合う腕、ヒザの裏、内ももなどの場所を中心にスプレーすると効果的です。

静電気が発生しにくいコーディネート

布には「プラスに傾きやすい素材」と「マイナスに傾きやすい素材」があり、この性質の異なる2素材がこすれ合うことによって、大きな静電気が発生しやすくなります。重ね着するならば、「プラスとプラス」「マイナスとマイナス」のように、同じ性質の素材が重なるように着るのがコツです。

プラスに傾きやすい素材…アクリル、ポリエステル、アセテートなど
マイナスに傾きやすい素材…ナイロン、ウール、レーヨンなど
せたがや日和 静電気

そして、静電気が起こりにくい素材は、麻・綿・絹の3つ。「アクリルと綿」「ポリエステルと絹」のように、帯電する素材を組み合わせると静電気を抑えるコーディネートができます。

突然「バチッ」とくると、びっくりしますし痛いし不快ですよね。まめにハンドクリームを塗ったり衣類に気をつけたり、できることからはじめて、この冬こそはあの静電気を攻略しましょう。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト