スキンケア:乾燥も過剰な皮脂も毛穴の開きの原因に大人の毛穴ケアを見直そう

スキンケア:乾燥も過剰な皮脂も毛穴の開きの原因に大人の毛穴ケアを見直そう

年齢を重ねるとともに、鼻から頬へと毛穴の目立つ部位が広がってきたと感じている方は多いのではないでしょうか。肌の状態が変化するにつれ、肌の乾燥や過剰な皮脂など、毛穴を開かせる原因も複雑化。今までと同じスキンケアでは、毛穴の開きを悪化させかねません。毛穴の種類を見極め、それぞれにあった対策を採りましょう。今回は大人の毛穴対策をご紹介します。


せたがや日和 スキンケア

年齢を重ねるとともに、鼻から頬へと毛穴の目立つ部位が広がってきたと感じている方は多いのではないでしょうか。肌の状態が変化するにつれ、毛穴を開かせる原因も複雑化。今までと同じスキンケアでは、毛穴の開きを悪化させかねません。毛穴の種類を見極め、それぞれにあった対策を採りましょう。今回は大人の毛穴対策をご紹介します。

毛穴の種類をチェック

せたがや日和 スキンケア

毛穴とは、いわゆる「くぼみ」のこと。汗や皮脂などを排出する、キメとキメの間にできる肌の一部です。本来なら奥まったところにあり目立たないのですが、汚れがたまったりたるんだりすると毛穴として表面化してきます。毛穴が表面化する原因はさまざま。まずは、主に2つある毛穴のタイプを見ていきましょう。

詰まり毛穴(黒ずみ毛穴)

過剰な皮脂の分泌が主な原因です。多すぎる皮脂が古い角質や汚れと混ざり合い、角栓と呼ばれるかたまりができてしまいます。角栓が毛穴に詰まった状態のことを「詰まり毛穴」といい、毛穴に長時間角栓がとどまると酸化が進み、黒ずみます。

たるみ毛穴(開き毛穴)

加齢によって真皮(皮膚の内側の組織)のコラーゲンやエラスチンなどが減少して弾力やハリが失われてくると、毛穴が下へ広がってしまいます。このしずく形に垂れ下がった毛穴のことを「たるみ毛穴」や「開き毛穴」と呼びます。また、ダイエットによって急激に痩せると、顔の筋肉を支えられなくなり「たるみ毛穴」が目立つようになることもあります。

パーツ別に見る毛穴が開く原因

せたがや日和 スキンケア

毛穴の種類を押さえたら、次はパーツ別に毛穴が目立つ原因を見ていきましょう。

加齢によって皮膚のハリが失われ、しずく型のたるみ毛穴が表面化しやすいゾーン。たるみ毛穴が進行すると、毛穴同士がつながって帯状になり、小じわのように見えてしまうこともあります。また、長年の保湿不足によって毛穴まわりの皮膚がしぼむと、さらに毛穴が目立ってしまいます。

鼻の毛穴が開く主な原因は皮脂の過剰分泌です。空気の乾燥や紫外線などによってターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れると肌が乾燥し、皮脂が活発に分泌。詰まり毛穴が現れやすくなります。

おでこ

皮脂腺が集まっている部分で、鼻と合わせてTゾーンと呼ばれるおでこ。鼻と同じように皮脂が活発に分泌されることが原因で、詰まり毛穴が目立つパーツです。

眉間

Tゾーンに入る眉間も、皮脂の過剰分泌による詰まり毛穴が発生しやすい部位。ざらつきやすいパーツでもあるため毛穴を詰まらせないケアが必要です。

顎は皮脂腺が多い反面、汗腺が少なく肌を守るバリア機能が低下しやすいパーツ。乾燥すると、皮脂の分泌が活発になり、詰まり毛穴が表面化します。また、ホルモンの影響も受けやすく、ストレスや睡眠不足により肌が不安定な状態が続くと潤いが不足し、毛穴が目立ってきます。

毛穴の開きを予防するスキンケア

せたがや日和 スキンケア

最後に毛穴の開きを予防するスキンケアをご紹介します。

クレンジング&洗顔で汚れをしっかり落とす

まずはきれいに洗った手で、メイクを落とします。乾燥予防のため、クレンジングは1分以内に終わらせましょう。洗顔は洗顔料を十分に泡立てて、たっぷりの泡で肌を包み込むように優しく丁寧に洗います。洗い終わったらぬるま湯で流すのがポイント。水で流すと洗い残しやすく、熱いお湯だと皮脂を取りすぎるので、肌荒れにつながってしまいます。

蒸しタオルで頑固な汚れをオフ

洗顔だけでは汚れがなかなか落ちにくいという詰まり毛穴のケアにおすすめなのが、蒸しタオルを利用する方法です。水で濡らし軽く絞ったタオルを、電子レンジで1分ほど温め顔にのせましょう。肌を温めるとスチーム効果で毛穴が開き、汚れや古い角質が落ちやすくなります。

化粧水、美容液、乳液で保湿する

洗顔後の肌はデリケートな状態。たっぷりの化粧水で、すばやく肌の水分を補いましょう。化粧水をチャージしたら乳液やクリームを塗り、油分で肌表面に膜をつくって肌を守ります。加齢が原因のたるみ毛穴の対策には、化粧液のあとにコラーゲンの生成を促すレチノールやビタミンCなどの成分が入った美容液を取り入れるのもおすすめです。

スキンケアについては、以下の記事も参考にしてみてください。

年齢を重ねるとじわじわ気になってくる毛穴の開き。洗顔や保湿といった日々のスキンケアを大切にして、毛穴が目立たない健やかで若々しい肌を目指しましょう。

関連する投稿


ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。


スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

たっぷりと美容成分を含んだシートマスク(フェイスマスク)は、美しい素肌を目指すうえでの強い味方。日々のスキンケアに活用している方は多いことでしょう。とはいえ種類はさまざまで、自分に合ったシートマスクを選ぶのは難しいもの。そこで今回は、肌悩みに応じたシートマスクの選び方や、より効果的に使うためのポイントをご紹介します。


美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト