野菜の豆知識|「大根」捨てるところなし、部位ごとのおいしい食べ方

野菜の豆知識|「大根」捨てるところなし、部位ごとのおいしい食べ方


寒くなると水分を多く蓄えて甘みが増す大根は、部位によって味や硬さが違うのをご存じでしょうか。部位ごとの個性を料理に活かせば、旬の大根をもっとおいしくいただけます。また、大根の葉は緑黄色野菜としての栄養素が蓄えられていますから、ぜひ捨てずに調理しましょう。

料理に活かそう、部位ごとの味・特徴

一年を通して手に入る大根は、寒くなると甘くなり、温かくなると辛味が増すなど、その味で四季を感じることのできる野菜です。さらに、部位によって味や食感が異なることをご存じでしたか?それぞれに適した調理をすることで、よりおいしさを引き出せます。カットされた大根を選ぶ時にも参考にしてみてください。

大根は上部が最も甘く、適度な硬さがあるので野菜スティックなどの生食に向いています。辛くない大根おろしがお好みの方はこちらがおすすめです。

水分が多い中央部は柔らかく、甘みがあって辛味は少ないので、おでんや煮物にぴったり。味がしみて柔らかく、じゅわっと煮汁があふれる一品になります。

下部は最も辛味が強い部分で、水分が少ないので硬さもあります。生で食べるとかなり辛いですが、辛い大根おろしがお好みならこの部分がおすすめです。食べてみて辛すぎたら、10分ほど時間をおくと辛味が穏やかになります。ポリポリとした食感は漬物にも向きますし、薄めに切っておみそ汁の具にもなります。

大根の栄養:消化を助け、咳や喉の痛みを鎮める

大根の辛味成分には炎症を鎮める作用があり、この効能を活かすなら生食がおすすめです。胃炎や口内炎、喉の痛みといった熱感を伴う場合は、大根スティックや大根おろしを食べるようにします。

また、大根は消化酵素が豊富なので、夕食から寝るまでの時間が短い方は、夕食時に大根おろしを積極的に食べるとよいでしょう。ただし、大根には熱を冷ます(炎症を鎮める)効果がありますから、おなかが冷えやすい方の生食には注意が必要。少量にとどめるか、ショウガなどの体をあたためる食材と組み合わせれば大丈夫です。

喉が痛い、咳が出るという時には「はちみつ大根」がおすすめ。くわしい作り方はこちらです。

捨てないで、大根の葉は「緑黄色野菜」

うっかり捨ててしまいがちな大根の葉ですが、実は立派な緑黄色野菜。ビタミンA・C・Eにカルシウム、鉄、カロテンなどが含まれ、栄養素としては実の部分よりも優れています。

大根の葉は、塩もみして刻んでご飯に混ぜたり(おにぎりにする場合は、水分が出るのでサッと湯がいたものがおすすめ)、おみそ汁の具にしたりと、いろいろな使い方があります。生で食べられるので、ごま油と塩であえてシンプルなサラダにしてもよいですね。

ちなみに大根の鮮度は葉の色で計ることができます。黄色っぽい葉は日が経っているので避け、鮮やかな緑でみずみずしいものを選ぶのがおすすめです。葉つきのままだと、葉から水分が蒸発していくので、買ったらすぐに葉と実を切り分けて保存しましょう。

すりおろせば焼き魚や天ぷらのお供に、おでんなら大人気の主役にと、大根はとても使い勝手のよい食材。まるごと1本買ったなら、まずは3等分して料理のメニューを決めてみてください。みずみずしい葉がついていたらラッキーです。捨てずにおみそ汁の具にいかがでしょうか。捨てるところなしの大根を、まるごとおいしくいただいてくださいね。

関連する投稿


健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

しいたけにえのき、しめじにまいたけと、お鍋の季節に大活躍するきのこ類。最近では食物繊維が豊富で腸内環境を整え、免疫力を高める食材としても注目されています。今回はそんなきのこの新しい使い方をご紹介。






最新の投稿




健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

しいたけにえのき、しめじにまいたけと、お鍋の季節に大活躍するきのこ類。最近では食物繊維が豊富で腸内環境を整え、免疫力を高める食材としても注目されています。今回はそんなきのこの新しい使い方をご紹介。


ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

帽子によるヘアスタイルの崩れを軽減するテクニックをご紹介します。お直し方法は外出先で簡単にできるものなので、帽子をかぶる時もヘアスタイルをキープして、帽子を取り入れたおしゃれを楽しみましょう。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト