美容法|冬のおこもり美容にぴったり 温活ケアで冷えを改善

美容法|冬のおこもり美容にぴったり 温活ケアで冷えを改善


寒い季節のみならず、年間を通して冷えが気になる女性は多いもの。美容の一環として、生活のなかに温活を取り入れてみませんか。温活とは、低くなってしまっている基礎体温を適正な温度まで引き上げる活動のこと。今回は、体にさまざまな不調を引き起こす冷えを改善する方法をご紹介します。

体が冷えると起こる不調

長時間のデスクワークやシャワーのみの入浴など、日常生活で何気なく行っている習慣が血行不良を招き、体の冷えにつながっているかもしれません。体の冷えをそのままにしておくと、次のような不調が起こることがあります。

生理不順や生理痛

体が冷えると卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。すると、生理不順や生理痛の症状があらわれる可能性があります。また、締め付けの強い下着や衣類は血流を妨げるため、避けたほうがよいでしょう。

便秘や下痢

体の冷えにともなって内臓が冷えると、腸の活動が鈍くなります。そして、腸内環境の乱れが慢性的な便秘や下痢を引き起こすことがあります。肌の表面や手足が温かくても、下腹部をさわって冷えていないか確認してみてください。ひんやりしていると感じたら、使い捨てカイロなどであたためると効果的です。

肩こり

肩こりの原因のひとつは、体の血行が悪くなることです。冷えによって筋肉が緊張して硬くなると、血流が悪化。疲労物質である乳酸がたまり、肩まわりのだるさや痛みにつながります。入浴時に湯船に浸かったり、こまめにストレッチを行ったりすることで、つらい症状を軽減できるでしょう。

日常に取り入れたい温活習慣

「温活」という言葉を耳にしたことがあっても、具体的に何をしたらいいか分からない方もいらっしゃるでしょう。慢性的な冷えを改善するためには、体の内側からのケアで内臓をあたためることが大切です。

朝起きたら白湯を飲む

寝起きの体は1日のうちで体温がもっとも低い状態です。朝に白湯を飲むと体がじんわりとあたたまり、すっきりと目覚められます。沸騰させてすぐのお湯ではなく、50℃前後まで冷ましたものを、ひと口ずつ時間をかけて飲むと胃腸に負担がかかりません。就寝前に飲むのもおすすめです。

白湯の正しい飲み方については、以下の記事も参考にしてみてください。

たんぱく質の摂れるおかずを3食必ず食べる

体が冷えると基礎代謝が低下します。基礎代謝が低いと、体内で生み出される熱の量も少なくなります。たんぱく質は筋肉の元となり、基礎代謝の向上が期待できます。肉や魚、卵などを毎食意識して取り入れましょう。

おやつにはナッツをプラス

ピーナッツやくるみ、アーモンドなどのナッツ類には血行をよくするビタミンEが豊富に含まれ、体をあたためる効果があるとされています。ただし、ナッツ類はカロリーが高いので食べすぎに注意しましょう。

体の内側からのケアと合わせて、外側からのケアも行いましょう。効率よく体をあたためるポイントは、下半身の血行をよくすること。腹巻きをしたり靴下やレッグウォーマーを履いたりするのがおすすめです。

冷えは肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)にも悪影響を及ぼします。温活の習慣を取り入れて体の血流をよくすることで、美容にうれしい効果が期待できます。

体をあたためる食材を取り入れよう

冷えない体づくりのためには、日々の食生活を見直すことが重要です。体をあたためる食材をうまく取り入れながら、栄養バランスが整った食事を心がけましょう。最後に、冷えの改善に役立つ食材と食べ方の一例をご紹介します。

ショウガ

生のショウガにはジンゲロールという辛味成分が含まれ、体をあたためる作用があります。ジンゲロールは熱が加わるとショウガオールという成分に変化し、その効果がアップします。手軽に摂るには、すりおろしたショウガをあたたかい紅茶や牛乳に混ぜて飲むのがおすすめ。ハチミツを加えると飲みやすくなります。

ショウガの上手な取り入れ方については、以下の記事も参考にしてみてください。

長ネギ

長ネギの白い部分には、血流を促す効果が期待できるアリシンという成分が豊富に含まれています。長ネギは冬に旬を迎える野菜なので、栄養価の高い時季にこそ積極的に取り入れたいもの。鍋料理に入れたり、みそ汁やスープに入れたりと、さまざまな方法でおいしく味わえます。

古くから「冷えは万病の元」と言われるように、体の冷えはあらゆる不調に直結しています。寒い季節は温活で体を芯からあたためて、健やかに過ごしたいですね。

関連する投稿



ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

帽子によるヘアスタイルの崩れを軽減するテクニックをご紹介します。お直し方法は外出先で簡単にできるものなので、帽子をかぶる時もヘアスタイルをキープして、帽子を取り入れたおしゃれを楽しみましょう。



スキンケア|『シーク シワ改善クリーム プレミアム』体験レポート

スキンケア|『シーク シワ改善クリーム プレミアム』体験レポート

気づいたら増えている「乾燥小ジワ」、それから年齢とともに目立つ「シワ」。この両方にアプローチする日本初(※1)の「シワ改善クリーム」ができました。今回は世田谷自然食品の自然派化粧品ブランド SEAC(シーク)の『シーク シワ改善クリーム プレミアム』について、筆者(40代後半)が実際に試してみたレポートも交えてお届けします。



最新の投稿




健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

健康メニュー|濃厚なうま味常備菜「きのこペースト」

しいたけにえのき、しめじにまいたけと、お鍋の季節に大活躍するきのこ類。最近では食物繊維が豊富で腸内環境を整え、免疫力を高める食材としても注目されています。今回はそんなきのこの新しい使い方をご紹介。


ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

ヘアケア|ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

帽子によるヘアスタイルの崩れを軽減するテクニックをご紹介します。お直し方法は外出先で簡単にできるものなので、帽子をかぶる時もヘアスタイルをキープして、帽子を取り入れたおしゃれを楽しみましょう。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト