健康法:大さじ1杯 お通じを促す「飲むオイル」

健康法:大さじ1杯 お通じを促す「飲むオイル」

空腹時に飲むオイル。ティースプーン1杯でお通じを促すほか、美容と健康にうれしい効果が期待できます。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


「オイル(油)=避けるべきもの」だと思っていませんか?油を主とした脂質は3大栄養素のひとつで、健康のうえで欠かせないもの。不調改善や肌づくりのために、極端に避けることなく、適度に摂ることが大切です。特に最近話題になっているのが、空腹時に飲むオイル。ティースプーン1杯でお通じを促すほか、美容と健康にうれしい効果が期待できます。

せたがや日和 飲むオイル

良質のオイルが美容&健康をサポート

油と聞くと、揚げ物や炒めものなど「体に良くなさそう……」というイメージがあるかもしれません。しかし、油、つまり脂質は私たちの生命維持や運動に欠かせない重要なエネルギー源ですから、適切な摂取をこころがけることが大切です。

そして最近では、心身の健康維持に必要な「体によい油」として、えごま油や亜麻仁(あまに)油、オリーブオイルや青魚の油などが注目されています。これらの油に含まれる「オメガ3」「オメガ6」などの「不飽和脂肪酸」は、私たちの体内で作ることができず、外から摂取の必要がある必須脂肪酸です。

「オメガ6」はサラダ油やゴマ油に含まれていますから、極端に油を避けていなければ、普段から十分な量を摂取しています。一方、意識して摂るべきは「オメガ3」のほうで、前述したえごま油や亜麻仁油、青魚の油に豊富に含まれ、不足している方がほとんどといわれています。

調理油としても使い勝手のよい「オリーブオイル」は、「オメガ9(オレイン酸)」を主成分として、オメガ3や6系のリノール酸やリノレン酸が含まれています。「オメガ9」は体内でも作れますが、不足する方もいるため摂取が推奨されている脂肪酸です。

自然なお通じに「大さじ1杯のオイル」

せたがや日和 飲むオイル

実は、油(前述したような植物性の油を指します)は、ナチュラルな便秘薬としても役立ちます。お通じを促すための摂り方は「空腹時に、大さじ1杯程度を直接飲む」こと。そうすることで消化・吸収しきれなかった油が大腸まで届き、便を柔らかくしたり、すべりをよくしたりしてスムーズな排出を促してくれます。食事と油を一緒に摂ると、多くが小腸で消化・吸収されてしまうので、便秘改善の効果は期待できません。

便秘改善という効果だけならどんな油でもよいのですが、必ず一部は消化・吸収されるということを考えれば、体によい油を選ぶ必要があります。したがって、「飲むオイル」としては、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」を成分とした油がおすすめとなります。

飲むオイルが初めてならば、オリーブオイルがおすすめ。酸化しにくく、比較的安価で手に入り、調理油としても使えます。一方でえごま油や亜麻仁油は熱に弱く酸化しやすいことが難点ですが、不足しがちな「オメガ3」がたっぷり含まれていますから、飲む専用の油と割り切って購入するならばこちらがおすすめです。便秘改善に加えて、使い勝手ならオリーブオイル、美容効果ならえごま油や亜麻仁油を選んでみてください。

飲むオイルのはじめ方・続け方

飲むオイルは空腹時に摂取するのがポイントですが、なかでもベストなタイミングは朝の空腹時です。美容によいとは言ってもカロリーはしっかりあるので、朝に摂ることで日中にオイルのカロリーを消費してしまいましょう。

そしてカロリー過多を防ぐため、オイルを飲んだ日は食事で摂る油やカロリーは控えめを心がけましょう。頑固な便秘の時は数日続けて飲み、調子のよい時はお休みするなど、体調に合わせて試してみてください。

また、えごま油や亜麻仁油は熱・日光・空気に弱い油です。開封したら酸化を防ぐため冷蔵庫に保存し、1ヵ月を目安に使い切りましょう。オリーブオイルはそこまでデリケートではありませんが、冷暗所に保存します。新聞紙などで包んで遮光するとなお良しです。

毎日きちんとお通じがあれば、腸内環境が整いやすくなり、結果としてお肌や髪の調子も健やかになってきます。便秘薬ほど強い作用がないので、普段から便秘に悩んでいる方、一時的なストレスが便秘につながる方など、さまざまな方におすすめできる方法です。「飲むオイル」が美容ファンの間で注目されたことで、最近ではさまざまなオイルが出回っています。味や風味、栄養機能もそれぞれですから、お好みのオイルを探してみるのも楽しいですよ。

腸内環境を整える方法はほかにもありますので、ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト