健康法:おこもり中の今こそ試したい、健康法まとめ

健康法:おこもり中の今こそ試したい、健康法まとめ

お家でできる「運動不足解消」「テレワーク・おこもり不調で気をつけたいこと」「冷え対策」の3テーマでお届け。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


自粛生活が長期化するに伴って、これまでなかった不調を経験する方も増えているようです。そこで今回は、これまでご紹介した数多くの健康法や習慣のなかから、今こそ試してほしい健康記事をご紹介。お家でできる「運動不足解消」「テレワーク・おこもり不調で気をつけたいこと」「冷え対策」の3テーマでお届けします。

せたがや日和 テレワーク

運動不足をお家で解消

せたがや日和 テレワーク

これまで日常的だった買い物や会食、通勤などが減ったことで、まず感じるのは運動不足ではないでしょうか。1日10分でも構いませんから、これまで以上に体を動かすチャンスを意識的に作って、慢性的な運動不足を解消しましょう。

体幹トレーニング:姿勢と動作を美しく

体の中心「体幹」は、立つ・歩く・座るといったあらゆる日常的な動きとその姿勢を支えています。アスリート向けの体幹トレーニングは、未経験の方にとっては体を痛める可能性もあるので、まずはこちらの軽いトレーニングを毎日続けていきましょう。

風呂トレ:関節の負担を軽減&運動効果を高める

お風呂のなかでできる「風呂トレ」は、水の浮力によって関節の負担を軽くしながら、水の抵抗力によって運動効果を高められる、効率のいいトレーニング方法です。この記事では慢性的な運動不足の方のために、軽い負荷のトレーニングを3種類ご紹介しています。

ヨガのポーズ:最中から体ポカポカ、気持ちを上向きにする効果も

体を動かす機会が減ると、血の巡りもいまひとつになります。ヨガの深い呼吸とゆったりした動きは、血流を促して筋肉をほぐし、体をポカポカと温めてくれます。胸を開いて気分を前向きにする「菩提樹(ぼだいじゅ)のポーズ」と、座りっぱなしの方に試してほしい「英雄のポーズ1」から始めてみませんか?

テレワーク・おこもり不調は、座りっぱなしに注意

せたがや日和 テレワーク

家にいる時間が長くなることで、「座りっぱなしで腰が痛い」「スマートフォンの見過ぎで首が痛い」といった不調も気をつけたいところです。最中はなかなか自分では気づけないものですから、タイマーなどを活用して、一定時間が過ぎたら体を伸ばすようにしましょう。

座りっぱなしの方は必見、腰痛を軽減する工夫

「座る」姿勢は、腰への負担が一番大きいといわれています。そう考えると、腰痛を抱える方にデスクワークが多いことにも納得です。正しい座り方をはじめ、日常のちょっとした工夫で、腰の負担を軽くすることができます。

スマホの見過ぎ? 首の痛みはストレートネックかも

スマートフォンを見る姿勢は、首にとても負担をかけています。ストレートネックとは負担をかけ続けたことによって、頸椎(首の骨)のゆるやかなカーブを失った状態のことで、首・肩・頭などの痛みを引き起こします。スマホを見る時は、首に負担をかけにくい姿勢で、短時間を心がけましょう。

誰にでも起こりうる「エコノミークラス症候群」を予防しよう

実は、日本人の座っている時間は1日平均7時間、世界20ヵ国で最も長いといわれています。そのうえ、今は自粛も重なり、さらに座っている時間が多くなっているのではないでしょうか。長時間同じ姿勢でいることで起こる「エコノミークラス症候群」は、どなたにも起こりうる可能性がありますが、身近な対策で予防できる病気です。

つらい冷えは、即効性の対策で緩和する

せたがや日和 テレワーク

座りっぱなしで歩く時間が短いと、血流の滞りによる冷えも心配です。運動不足解消や座る時間を見直すことで、冷えにくい体質を目指すことは重要ですが、冷えで痛みを感じたり、眠れなかったり、そんなつらい症状はここでご紹介する即効性のある方法で楽にしましょう。

日中は「蒸しタオル」で疲れと痛みをほぐす

冷えや肩こり、目の疲れには蒸しタオルがおすすめです。電子レンジで1分でできますから、つらいと思ったら日中でもすぐに試せます。蒸しタオルで温めてほしい、おすすめのツボもご紹介しています。

就寝前の「足湯」で寝付きをスムーズに

家事や仕事が一段落したら、バケツで足湯はいかがですか?寒い時期の寝る前の足湯は特におすすめ。体全体を温めながら、日中の冷えからくる痛みやこりを穏やかにします。ポカポカしている内に、ベッドに入ってくださいね。

在宅中でも外出中でも、就寝時も「腹巻き」

布一枚ではありますが、腹巻きは見た目以上に温かく、足の温度まで上げてくれる優れものです。体の中心を物理的に温めることにより、血流を促すことはもちろん、消化不良、便秘や下痢など、冷えによる消化器系のトラブル改善も期待できます。

自粛生活中は出かけるのが難しいこともあり、体調管理はこれまでと少し違う方法が求められています。しかし、家でできることを探して工夫を重ねていけば、自粛が不要となっても役に立つはずです。ここでご紹介した「運動不足解消」「テレワーク・おこもり不調で気をつけたいこと」「冷え対策」からそれぞれ1つずつ選んで、毎日の生活に組み入れてみてくださいね。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト