メイク:湿気と擦れが原因 マスクによるメイク崩れを防ぐコツ

メイク:湿気と擦れが原因 マスクによるメイク崩れを防ぐコツ

マスク時のメイクを落ちにくくするコツをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


せたがや日和 マスク

長引くマスク生活。マスクをするとどうしてもメイクが落ちて崩れやすい……そんな悩みをもっている方は多いのではないでしょうか。マスク時のメイクの崩れは、マスクと肌の擦れやマスク内の蒸れが大きな原因。特にベースメイクとリップが落ちやすくなってしまいます。今回は、マスク時のメイクを落ちにくくするコツをご紹介。ポイントを押さえて、マスクでも長時間きれいなメイクを保ちましょう。

ベースメイクの崩れを防ぐコツ

せたがや日和 マスク

マスクと触れ合う部分のベースメイクはもっともよれやすいポイント。メイク崩れを防ぐためには、余分な皮脂の分泌を抑え、色のついたベースメイクアイテムの使用量を最小限にすることが重要です。ここでは、ベースメイクを崩れにくくするためのコツを確認しましょう。

メイク前のスキンケアを念入りにする

マスクを外すと内側の水分が一気に蒸発。すると、肌内部の水分も同時に奪われてしまいます。肌の乾燥はもちろん、その後肌を守ろうと過剰に分泌される皮脂によってもメイクは崩れやすくなってしまいます。そのため、まずはメイク前の肌状態を最適に整えましょう。洗顔後の肌に化粧水を塗布したら、手のひらで押さえしっかりと浸透させます。最後に乳液やクリームなどの油分でフタをして、うるおいたっぷりのもちもち肌に仕上げてください。

肌悩みは下地でカバー

マスク時はファンデーションよりも、密着度の高い下地を使って肌悩みをカバーするようにしましょう。トーンアップ効果のある下地なら、肌のアラを明るく補正してくれます。皮脂分泌が気になる方は皮脂崩れ防止タイプを、乾燥が気になる方は保湿力のあるタイプを選ぶと、長時間のマスクでもメイクが崩れにくくなります。

ファンデーションは最小限の量を塗る

色のついたメイクアイテムが剥がれるとメイク崩れが目立ってしまいます。ファンデーションの量は最小限にしましょう。頬の広い部分とおでこをカバーしたら、顔の下半分はスポンジに残ったファンデーションをごく薄くのばします。ファンデーションを塗らず、コンシーラーで気になる部分だけカバーしたり、下地とフェイスパウダーだけで仕上げてもOKです。

仕上げにフェイスパウダーを使う

マスクメイクの強い味方はフェイスパウダー。皮脂が気になるおでこや鼻先はもちろん、マスクと擦れる頬から下の部分にはたいておくと、肌表面がさらさらになりマスクとの摩擦を軽減してくれます。ただし、つけ過ぎは乾燥を引き起こすので、パフやブラシに取ったらティッシュで余分な粉を落とし、適量を使うようにしましょう。

リップを落ちにくくするコツ

せたがや日和 マスク

マスクで口元が隠れるからリップメイクはしない、という方は多いかもしれません。しかし、マスクを外した時に口元に色がないと、顔色が冴えず元気のない印象を与えてしまいます。リップアイテムの選び方や塗り方のコツを押さえて、マスクを取った時も好印象に見せるメイクをしていきましょう。

ティントリップかマットリップを選ぶ

グロスやうるおいたっぷりのツヤツヤリップはどうしても落ちやすいもの。マスク時は避けた方がよいでしょう。おすすめは落ちにくいマットタイプのリップ。角質層まで色が染み込むティントリップも、マスクと擦れても落ちにくいアイテムです。

リップペンシルをベースに仕込む

唇の輪郭をはっきりとさせ、ぷっくりと見せてくれるリップペンシル。輪郭を取ったら、唇の中も塗りつぶすようにしましょう。リップペンシルをベースに使うと、リップと唇の密着度がアップ。リップペンシルの色は残りやすいので、リップが落ちたとしても健康的な口元をキープすることができます。

ティッシュオフしてからマスクをする

マットタイプやティントタイプでも、すぐにマスクをするとマスクの内側に色が移ってしまいます。リップを塗ったあとは、リップがなじむまで少し時間をおきましょう。その後、ティッシュで唇を軽く押さえ、表面の余分なリップを落とします。

メイク落ちを防ぐ簡単な小技

せたがや日和 マスク

メイクが崩れにくくなるお助けアイテムや、マスクに仕込むちょっとした小技を取り入れるのもおすすめです。誰でも簡単にできるプラスαの方法をご紹介します。普段より長い時間マスクつける時にも取り入れてみてください。

フィニッシングミストで密着度アップ

フィニッシングミストは、メイク崩れを予防してくれるミスト状の化粧水。メイクの仕上げに顔全体にシュッと吹きかけるだけで肌とメイクを密着させ、美しいメイクを長時間保ってくれます。自然なツヤ肌に見せ、乾燥を防ぐ効果もあるので、メイクの仕上がりをワンラックアップしてくれるのもうれしいポイントです。

マスクにベビーパウダーをつけておく

マスクの内側、特に鼻や頬と触れ合う部分に直接ベビーパウダーを薄くつけておくと、マスクと肌が直接触れ合わなくなり、メイク崩れを防ぐことができます。マスク内部の湿気も調整してくれる小技です。

メイク崩れには、マスクを外す度にメイク直しをするのが最適ですが、お出かけしている時はなかなか時間を作ることができないもの。簡単なテクニックを普段のメイクに取り入れて、長時間経過しても、メイクしたての美しさをキープしましょう。

関連する投稿


ファッションで春を呼び込もう 季節を先取りする着こなし術

ファッションで春を呼び込もう 季節を先取りする着こなし術

寒さ対策をしながら春の着こなしにシフトするコツをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


ヘアケア:花粉は髪に付着しやすい 花粉症対策のためのヘアケア方法

ヘアケア:花粉は髪に付着しやすい 花粉症対策のためのヘアケア方法

花粉が髪に付きやすい理由とその対策についてご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


メイク:顔印象を引き上げるリフトアップメイクの方法

メイク:顔印象を引き上げるリフトアップメイクの方法

たるみやもたつきを解消するメイクテクニックをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


ヘアケア:ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

ヘアケア:ヘアスタイルの崩れを気にせず帽子のおしゃれを楽しむ方法

帽子によるヘアスタイルの崩れを軽減するテクニックをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


美容法:冬のおこもり美容にぴったり 温活ケアで冷えを改善

美容法:冬のおこもり美容にぴったり 温活ケアで冷えを改善

体にさまざまな不調を引き起こす冷えを改善する方法をご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


最新の投稿


健康法:新芽の季節 「よもぎ湯」ですっきり&ぽかぽか

健康法:新芽の季節 「よもぎ湯」ですっきり&ぽかぽか

古くから薬草として世界中で用いられてきた野草「よもぎ」。爽やかな香りを放つよもぎは、食用としてはもちろん、お風呂に入れて薬湯にしても、うれしい効能が期待できます。


健康メニュー:ちらし寿司 華やかで栄養も豊富

健康メニュー:ちらし寿司 華やかで栄養も豊富

ちらし寿司の具材の栄養について、また、糖分・カロリーの摂り過ぎが懸念される、すし飯をヘルシーに食べる方法などをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


健康習慣:キーホルダーにしたい健康・防災アイテム

健康習慣:キーホルダーにしたい健康・防災アイテム

スマートなデザインを採用した健康・防災グッズのキーホルダーの中から、主なものをいくつかご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


ファッションで春を呼び込もう 季節を先取りする着こなし術

ファッションで春を呼び込もう 季節を先取りする着こなし術

寒さ対策をしながら春の着こなしにシフトするコツをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


野菜の豆知識:疲れがとれない・冷えがツライ、そんな時は「ニラ」

野菜の豆知識:疲れがとれない・冷えがツライ、そんな時は「ニラ」

ニラの栄養素や食べ方のコツをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト