間違いやすい日本語|「潮時」「悲喜こもごも」 ニュースや新聞でも誤って使っていることがある!?

間違いやすい日本語|「潮時」「悲喜こもごも」 ニュースや新聞でも誤って使っていることがある!?


ニュースや新聞などでよく聞く表現が、実は使われ方とはまったく逆の意味を持っていた、ということがあります。今回は、そんな誤った意味としてニュースの見出しなどにも登場するケースもある「潮時」「悲喜こもごも」について、取り上げてみましょう。

潮時

次のうち、正しい使い方はどちらでしょう?

1:疲労がたまってきたので、体力的にそろそろ潮時だ。
2:じっと様子を見計らって、潮時を待っていた。




「何かを行っていて限界を感じた」、または「うまくいかずやめるタイミングを見計らう」際に「潮時」という言葉を使いたくなることはありませんか?例えばスポーツ選手が引退間際という状況になった場合に、やめ時・引き際という意味を含んで用いられる「潮時」という表現。どちらかというとネガティブな表現と思っている人も多いはず。しかしこのような使い方は、実は誤りなのです。
潮時とは、文字通り海の潮の満ち引きから来た言葉。漁師が漁に出る際に、潮の満ち引きから最適なタイミングを見計らって船を出していたことが語源となっているのだそうです。そんな様子が転じたのが「潮時」という言葉なので、本来は「何かを始めるのにいい時期」「最も良いタイミング」という意味を持っています。ですから、正解は「2」です。
「潮時」は、誤用としての意味が広く知られており、平成24年度の国語に関する世論調査において、ネガティブな意味で「潮時」を使用している人が3割に及んだことがわかっています。
ちなみに、潮時と似た意味を持つ言葉に「時宜(じぎ)」があります。もともと「時期が適している」「ちょうどいい頃合い」という意味でしたが、時とともに「状況を見極める」ことや「その状況での気持ち」という意味に変化しました。それがさらに「他人への配慮」という意味に変わり、「適当・適切な挨拶」である「お辞儀」となったといわれています。

悲喜こもごも

次のうち、正しい使い方はどちらでしょう?

1:昨年は自分自身にいろいろな出来事が起こり、悲喜こもごもの1年だった。
2:大学の合格発表の場では、多くの受験生たちの悲喜こもごもという様子が見られた。




「悲喜こもごも」は漢字で「悲喜交交」と書き、「交交」とは次々、代わる代わるという意味を持っています。つまり「悲喜こもごも」とは、「嬉しいことと悲しいことが同時、または入れ替わりに訪れる」、「悲しみと喜びを交互に感じる」という意味になります。ただし、これは大勢の思いをひとまとめにしているのではなく、“一人の人間の心境のみ”を表現しています。ですから、2のように受験生それぞれの嬉しい、悲しいという感情が入り乱れる様子を、まとめて「悲喜こもごも」と表現するのは誤用。複数名の気持ちをまとめて表現するのであれば「明暗が分かれる」などの表現が適切です。
そのため、正解は「1」となります。

しかし、近年では大勢の気持ちが入り交じる様子を表す言葉として、ニュースの見出しなどでも「悲喜こもごも」が使用されるケースも少なくありません。また、両方の意味を掲載している国語辞典もあるようで、現在では広い解釈がみられる表現となっています。

いかがでしたか?ニュースや新聞の見出しなどでも、誤った使われ方がみられる表現をご紹介しました。本来は誤用であっても、国語辞典に併記されるほど一般的な意味に変わっていくのは、日本語表現の特徴といえそうですね。

せたがや日和のおすすめ!


  • 特集 せたがや相談室 第1回「クーラー病とその対策」

最新の投稿





せたがや相談室~夏疲れを癒やす食事や習慣~|第2回「夏バテになりやすい体質とは? 中医学で考える夏バテ対処法」

せたがや相談室~夏疲れを癒やす食事や習慣~|第2回「夏バテになりやすい体質とは? 中医学で考える夏バテ対処法」

体調がイマイチだな、病院に行ったほうがいいのかな?ちょっとした体の不調は、なかなか人には相談できないもの。そこで今回は、薬剤師・国際中医師である中垣亜希子先生を迎え、8月のお悩みテーマ「夏バテ」について、皆さんの質問をもとに、中医学からみた夏バテと健やかに過ごすためのアドバイスをうかがいました。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ