郷土料理:かっけ(青森県・岩手県)

郷土料理:かっけ(青森県・岩手県)

青森県と岩手県にまたがる南部地方のご当地食材「かっけ」の概要とおすすめの食べ方についてご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


せたがや日和 かっけ

青森県と岩手県にまたがる、南部地方のご当地食材「かっけ」。蕎麦や麦を材料とするものの、その形は平たい板状で、見慣れた麺類とはちょっと違っているようです。今回は、「かっけ」の概要と、おすすめの食べ方についてご紹介します。

南部地方の郷土料理「かっけ」とは

蕎麦や麦で作った三角形の生地のこと

かっけは青森県と岩手県にまたがる、南部地方の郷土料理です。蕎麦や麦でできた生地を四角く平たい板状に伸ばし、調理する際は三角形に切り分けます。ご当地のスーパーなどでは麺類などと並べて売られていますし、家庭で手打ちすることも。素材によって「蕎麦かっけ」、「麦かっけ」と呼び分けられます。
かっけの由来は、蕎麦打ちの際に出る「かけら」だったり、「召し上がれ」とすすめる方言だともいわれています。ちなみに、かっけではなく「つつけ」と呼んでいる地域もあります。

ゆでたかっけに、にんにく味噌やネギ味噌をつけて食べる

せたがや日和 かっけ

素材は麺類に似ているかっけですが、食べる際にはつゆではなく味噌で味付けするのも特徴です。ゆでたかっけに、ご当地名物であるにんにくと味噌を練り合わせたにんにく味噌や、ネギと味噌を練り合わせたネギ味噌をつけていただきます。

風邪気味の時にも食べたい!かっけの栄養素

蕎麦かっけは疲労回復を助け、血管を健やかに

蕎麦には体内でエネルギーを作るのを助け、疲労回復の働きをするビタミンB1が多く含まれています。ビタミンB1が不足すると、字こそ違えど「脚気」にかかりやすくなりますから、意識して摂りたいところです。また、血管を健やかにする働きが見られるポリフェノールの一種、ルチンも豊富に含まれています。

にんにくはオリゴ糖、味噌は乳酸菌たっぷりで腸を整える

かっけを食べる際につけるにんにく味噌も栄養たっぷりの調味料です。まず、にんにくには善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれています。また、味噌も善玉菌である乳酸菌が豊富な食材ですから、ダブルで腸を整えてくれるのです。

ネギには体を温めるほかにも多くの働きが

ネギ味噌も、特に風邪をひきやすい季節には見逃せない調味料です。ネギには、体を温めて発汗を促す作用があります。また、ネギの辛み成分であるアリシンには、蕎麦かっけに多く含まれるビタミンB1の吸収を助ける働きもあるのです。
詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

かっけのおすすめの食べ方は?

鍋は定番!野菜と一緒で栄養もたっぷり摂れる

かっけの食べ方のなかでも、定番なのが鍋料理です。かっけと一緒に野菜や豆腐など、栄養豊富な食材を煮干しなどの出汁で煮て、にんにく味噌やネギ味噌でいただけば、ボリュームもあって栄養バランスにも優れた鍋になるというわけです。

つけ味噌だけでなく、みそ汁などの汁物に

鍋料理では出汁で煮て、味噌で食べるかっけですが、みそ汁やすまし汁などに入れて、汁物の具としてかっけを食べるのもおすすめです。ネギなどの野菜も合いますし、汁ごとつるつるといただけて食べやすいので、風邪気味などで食が進まない時にもおすすめです。

揚げたり焼いたり、洋風アレンジも

シンプルな素材で、麺よりアレンジしやすい形状のかっけ。そこで、麦かっけを揚げて味をつけたり、蕎麦かっけをフランス料理のガレット(蕎麦生地を焼いて具を載せるメニュー)のように焼いたりする洋風アレンジも見られます。基本の食べ方と併せて、ぜひアレンジにもトライしたいところです。

つるりとした喉ごしで、ワンタンのようだとも例えられるかっけ。大きく切り分ける蕎麦かっけなどは、麺の蕎麦より風味が立ちやすいともいわれます。通信販売やアンテナショップなど取り扱っているお店もありますので、一度味わってみてくださいね。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト