野菜の豆知識:大量消費レシピも! たくさん食べよう「春キャベツ」

野菜の豆知識:大量消費レシピも! たくさん食べよう「春キャベツ」

春キャベツの特長や栄養面とともに、大量消費のコツをご紹介します。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


柔らかくて食べやすい春キャベツ。キャベツは通年手に入りますが、このおいしさは春だけのものです。そしてキャベツのようなサイズの大きな野菜は、ひと玉で買うのがお得。でも使い切れるか心配……という方に、春キャベツの特長や栄養面とともに、大量消費のコツをご紹介します。

柔らかく生食しやすい春のキャベツ

キャベツは土地によって種まき・収穫の時期をずらしているので、おいしい時期は1~8月(雨の多い6月を除く)と長め。1~3月は冬キャベツ(寒玉)、少し重なって3~5月は春キャベツ(春玉)、7~8月は夏キャベツと呼ばれます。

春キャベツは葉の巻きがゆるく、内側までうっすら黄緑色をしています。どの時期のキャベツも栄養価はさほど違いませんが、春キャベツは水分が多くて柔らかく、青臭さも少ないので生食にしても美味です。このキャベツは冬・春どっちかな?と思ったら、横から眺めてみましょう。通常のキャベツは横から見ると楕円形で、春キャベツは丸に近い形をしています。

キャベツは生で食べる際に冷たくして食べがちですが、冷え性の方は冷たいキャベツの多食は避けて、常温や少し電子レンジで温めてから食べるのがおすすめです。

芯の部分はビタミンCが豊富

キャベツのビタミンCは淡色野菜のなかでトップクラス。また、ビタミンUも多く含み、こちらは出すぎた胃酸の分泌を抑えて、荒れた胃の粘膜を修復する働きがあり、有名な胃腸薬にも配合されている成分です。ビタミンCとビタミンUは水に溶けやすく熱に弱いのですが、春キャベツのように生食に向いている野菜を活用すれば、効率よく摂取することができます。

ビタミンCはキャベツの芯周りに多いので、ぜひとも捨てずに食べましょう。柔らかい春キャベツの芯なら、スライスして生で食べても、カットして汁ものに入れても、ほくほくとした食感が楽しめておいしいですよ。

ひと玉買って使い切る! 大量消費のポイント&レシピ

キャベツのような大きい野菜は、カットものよりも、まるごとひとつ買ったほうが断然お得。とはいうものの、痛む前に使い切れるかどうかが悩みどころです。ここでは、ひと玉買ったキャベツをしっかり使い切るためのポイントと簡単レシピをご紹介します。

千切りキャベツで

キャベツの大量消費といえば千切りにして使うお好み焼きですが、千切りキャベツは他にも使えます。和えたり漬けたりする前にレンジで少しだけ加熱すると、ぐっとかさが減ってたくさん食べられますよ。

ごま油と鶏ガラスープの素で和えると箸休めの一品に、お酢と砂糖少々を加えた漬け汁に入れておくとキャベツの酢漬けができ上がりです。和にも洋にも合うコールスローは、マヨネーズとお酢と砂糖を3:1:0.5くらいの割合で混ぜて作ります。コールスローはきゅうりやコーンを入れても、キャベツだけでも、どちらでもおいしいです。

おみそ汁やスープに

水溶性のビタミンが豊富なキャベツは、おみそ汁やスープにすることで、溶けだした栄養も逃さずいただけます。春キャベツは柔らかいですから、包丁を使わずに手でちぎってお鍋に入れてしまいましょう。大量消費が目的なら、いっそ千切りキャベツを入れてもOK。加熱時間も短くて済むうえ、たくさん食べられます。

手でちぎって常備菜に

ポリ袋に手でちぎった春キャベツと、以下のような合わせダレを入れて揉み込んで作る簡単常備菜。30分ほどおいたら食べごろです。2~3日を目安に食べきりましょう。

  • 塩昆布とごま油
  • 鶏ガラスープとツナ
  • 梅肉とかつお節を、少々の白だしで伸ばしたもの

柔らかくてみずみずしい春キャベツ。なかまでうっすらと黄緑に色づいているので、食卓が春めきます。限られた時期のおいしさですから、たくさん味わっておきたいですね。今年はぜひ、ひと玉で購入して、野菜不足の解消に春キャベツのおいしさをまるごと堪能しましょう!

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト