健康法|デイキャンプ 泊まらないキャンプで気軽にアウトドア

健康法|デイキャンプ 泊まらないキャンプで気軽にアウトドア


キャンプと聞くと、大きなテントや大勢でのバーベキューなどを連想する人も多いかもしれません。最近は、1~2人が徒歩で持ち運べる最低限の道具だけを持って、日帰りで楽しむキャンプが注目されています。今回は、三密を避けて過ごすことができ、体を動かす機会にもなる、おすすめのレジャー「デイキャンプ」についてご紹介します。

「デイキャンプ」とは?

宿泊を伴わない「日帰りキャンプ」

キャンプは小屋やテント、キャンピングカーなどで野外生活をするレジャーのひとつです。そのなかでもデイキャンプは、宿泊を伴わない野外生活を楽しみ、その日のうちに撤収する、いわば「日帰りキャンプ」のことをいいます。
ピクニックとの厳密な区別はされていませんが、お弁当などそのまま食べられるものを持参するピクニックに対して、水道や火気を使えるキャンプ施設などを利用し、現地で調理するスタイルをデイキャンプと呼ぶのが一般的です。

宿泊用の道具や設備がいらないので初心者にもおすすめ

テントなど、宿泊用の道具・設備はかさばりますし、小屋に泊まる場合でも、着替えなど、なにかと荷物が多くなるものです。デイキャンプなら、こうした道具・設備や荷物が必要ないので、初心者の方や、真冬など野外泊のハードルが高い季節でも気軽に挑戦できます。

三密を避けて体を動かせる

繁華街や観光地、スポーツ施設などへの外出がはばかられるような時も、デイキャンプであれば、三密を避けてのびのびと体を動かすことができます。日ごろのストレスや運動不足の解消にもおすすめです。

バーベキューだけじゃない!デイキャンプ、おすすめの過ごし方

自然散策や読書などを楽しむ

家族や仲間とのキャンプも楽しいものですが、少人数で身軽に行けるのもデイキャンプのいいところです。食事のあとに荷物をおいて周辺の自然散策を楽しんだり、空気のいい場所で読書をしたり、川釣りに興じたりしてのんびり過ごせます。

お茶を入れるだけ、温かい即席食品を食べるだけでも楽しい

「調理をするのがデイキャンプ」といっても、大掛かりなバーベキューをしたり、ご飯を炊いたりする必要はありません。例えばお湯を沸かしてお茶を入れ、フリーズドライのおみそ汁を作ったり、レトルト食品をあたためたりして、持参したおにぎりと一緒に食べるだけでも楽しいものです。「限られた道具で工夫して調理する」という楽しみ方もできますよ。
世田谷自然食品でも、デイキャンプにおすすめのフリーズドライ食品を取り扱っていますので、ぜひお供に加えてくださいね。

慣れてきたら火をおこすのにも挑戦したい

「キャンプの楽しみといえばこれ」という人も少なくないのが「たき火」です。揺らめく炎を眺めるだけでも、心落ち着く時間が過ごせます。ガス器具に比べて難易度は高くなりますが、火をおこす作業自体も楽しめるのは、たき火ならではです。

デイキャンプであると便利な道具

本格的なテントでなくても「タープ」と「折り畳みチェア」があればキャンプ気分に

宿泊しないデイキャンプですから、テントどころか、敷物ひとつあれば用は足ります。ただ、日よけや雨よけになる「タープ」と、敷物よりも楽に座れる「折り畳みチェア」があると、グッとキャンプらしい雰囲気で過ごせます。小型のチェアだけでも、ぜひ持参したいところです。

お茶や食事を楽しむなら「折り畳みテーブル」、「クッカー」と「アウトドアストーブ」も

ゆっくりとお茶や食事を楽しむなら、やはりテーブルも欲しいところ。チェアと高さが合うかも考えて用意しましょう。お湯を沸かすだけならケトルでもいいのですが、クッカーと呼ばれる小型の鍋なら、沸かしたお湯にフリーズドライ食品を入れて、そのまま食器代わりにする、といった使い方もできます。
また、アウトドア用品のストーブのなかには、手のひらサイズで、調理用の熱源としてよく使われているものがあります。炭火より扱いやすいので、初心者の方にもおすすめです。

「たき火台」は調理しやすいものだと楽しみが広がる

多くのキャンプ場は、地面で直に火をたく「直火」を禁止しています。たき火をするなら「たき火台」と呼ばれる専用の道具を用意しましょう。さまざまな形状のものがありますが、おすすめは天面に網を取り付けられるなど、調理にも使いやすいタイプです。網で食材を焼いたり、鍋をかけたりと楽しみ方が広がります。

キャンプ場や公園は、たき火や釣りの可否、ゴミの処理方法など、場所ごとにさまざまな決まりが定められているのが一般的です。利用者の安全や快適、周辺の自然保護などを考慮したうえでの決まりですので、利用前に必ず確認し、マナーを守ってデイキャンプを楽しみましょう。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト