健康メニュー|美容と健康、おやつの主力選手に!「ドライフルーツ」の魅力

健康メニュー|美容と健康、おやつの主力選手に!「ドライフルーツ」の魅力


健康志向の方の間で根強い人気のドライフルーツ。最近では「こんな果物も!?」という果物もドライフルーツになっていて、選ぶ楽しさも充実しています。持ち歩きやすさ、栄養価、腹持ちの良さなど、おやつや行動食としてドライフルーツはとっても優秀。今回は、ドライフルーツの魅力をご紹介します。

生のものよりミネラル・食物繊維UP ドライフルーツの魅力

ドライフルーツは、果物を乾燥させる工程でビタミン類は減少しますが、ぐんと高くなる栄養価も多くあります。例えばカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラル類、それから食物繊維などです。減る栄養も増える栄養もありますが、トータルで見ればドライフルーツは手軽に食べられる栄養価の高い食べ物といえます。

フルーツを手軽に食べられるのも、ドライフルーツをおすすめする理由のひとつ。持ち歩きやすく、皮を剥いたりカットしたりの手間がないのは、生のフルーツにはない便利さです。自分からフルーツを買うことがない方や、剥いたりするのが面倒でフルーツを食べない方は、ぜひドライフルーツを試してみてください。

メタボ対策・ダイエット中のおやつにも

噛めば噛むほど甘味と酸味が広がるドライフルーツは、自然と咀嚼する時間が長くなります。普通のスナック菓子のようにあっという間に食べきってしまうことがないので、ダイエット中の方はもちろん、高血圧や高血糖、おなか周りの脂肪といったいわゆる「メタボ」が気になる方にもぴったりです。

もうひとつのおすすめポイントは、食物繊維の豊富さ。食物繊維は便秘の予防だけでなく、血糖値の上昇を抑える、血中コレステロールを下げる、また腸内環境を整えるなど、たくさんの重要な働きがあります。

しかし、厚生労働省の調査によると、日本人は老若男女問わず食物繊維の摂取量が足りていないのが現状。現代人は、普段から意識して食物繊維を摂る必要があるのです。

どんなものでも食べ過ぎには注意

どんな食べ物でもそうですが、栄養があるからといって食べ過ぎは禁物です。ドライフルーツには食物繊維が豊富に含まれていて、そのおかげで便秘予防&解消に役立ちますが、食べ過ぎるとおなかが張ったり、頑固な便秘の場合はひどくなったりすることがあります。普段、食物繊維を摂れていない方や便秘の方は、少量から試して徐々に増やしていくと良いでしょう。

おいしくって食べやすい! ドライフルーツ5選

近年のドライフルーツは、フルーツの種類の豊富さはもちろん、砂糖不使用のものや半干しタイプなども選べるようになりました。健康や美容のためにドライフルーツを食べるなら、砂糖不使用のものがおすすめです。カロリーも抑えられるうえ、果実本来の味わいが楽しめます。

ここでは、ドライフルーツのなかでも食べやすく、砂糖なしでもおいしい果実をご紹介します。

リンゴ

食べ始めは少しふんわり、噛んでいるうちにリンゴらしいシャクシャク感に変わっていく、食感を2度楽しめるドライフルーツです。噛めば噛むほどリンゴの爽やかな甘味が広がります。比較的一切れが大きめなので、ドライフルーツのなかでも食べごたえがあります。

いちご

甘酸っぱいいちごは、乾燥させることでジャムのように甘い香りが際立ちます。いちごのプチプチ部分の食感も楽しく、適度な酸味がリフレッシュタイムにぴったりです。

柑橘類

水分の多いみかんも、技術の進歩のおかげでドライフルーツとして楽しめます。生のみかんよりも濃厚なその味わいは、まるで食べる100%みかんジュース。酸味と甘味がぎゅっと詰まった濃いおいしさです。温州みかんやでこぽん、オレンジなどさまざまな種類があります。

ぶどう

ぶどうのドライフルーツは、皮ごとのものがおすすめ。生だと食べ残してしまう皮も、ドライフルーツでいただくことでポリフェノールと食物繊維がたっぷり。ワインのような渋みも感じられ、大人のおやつといった味わいです。

マンゴー

海外のお土産で定番のドライマンゴーは、保存性を高めるためか砂糖が入っているものがほとんどです。果実自体にねっとりした甘味があるので、選ぶなら砂糖不使用がおすすめ。砂糖なしでも十分に甘く、南国フルーツ特有の香りが楽しめます。

ドライフルーツのこんな食べ方

ドライフルーツをヨーグルトに入れておくと、ドライフルーツがしっとり&果実感がアップしてまた違ったおいしさに。前の晩にヨーグルトのなかに仕込んでおけば、朝食時には食べごろです。

もうひとつご紹介したいのが「ドライフルーツティー」。あたたかい紅茶をいつもの抽出時間で淹れたら茶葉を抜き、お好みのドライフルーツを入れてさらに2分ほど蒸らして完成です。紅茶に爽やかな甘味と香りが加わり、紅茶の渋みも和らぎます。

ドライフルーツはおいしいだけでなく、美容と健康に寄与してくれる優秀おやつ。軽くてごみが出ないから、ハイキングや散歩の携帯食としてもおすすめです。その日の気分で選べるよう数種類のドライフルーツを常備しておけば、健康的なおやつライフが習慣づくかもしれませんね。

世田谷自然食品でも、5種類のドライフルーツをセットにした「国産果実のドライフルーツ」を取り扱っています。ぜひ食べ比べて、果物それぞれの違いを楽しんでみてください。

関連する投稿


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康メニュー|美容や健康効果が期待できる豆乳 栄養や効果、適切な摂取方法とは

健康メニュー|美容や健康効果が期待できる豆乳 栄養や効果、適切な摂取方法とは

大豆を原料とした「豆乳」は、美容や健康にいい効果が期待できる飲み物として、さまざまなメーカーから販売されています。たんぱく質が豊富で低カロリー、しかも脂質も低い豆乳は、美容や健康のために毎日飲むという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、豆乳にはどのような栄養や効能が期待できるのか、飲み方や牛乳との比較などと併せてご紹介します。


郷土料理|ちたけそば(栃木県) ご当地きのこの濃厚なだしを味わう

郷土料理|ちたけそば(栃木県) ご当地きのこの濃厚なだしを味わう

栃木県民のソウルフードともいわれ、あまりに熱烈な愛されぶりから、素材となるきのこ「ちたけ」自体が希少になってしまったという「ちたけそば」。人気の秘訣は、同じく高級食材として知られるあのきのこにも迫る、風味のよさにあるといわれます。今回は、ちたけそばや、その素材である「ちたけ」についてご紹介します。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト