ファッション|気になる汗ジミを予防 夏服を清潔に保つポイント

ファッション|気になる汗ジミを予防 夏服を清潔に保つポイント

ムシムシとした暑さが続く夏。汗をかきやすいこの時期によくある悩みといえば、洋服ににじむ汗ジミではないでしょうか。汗をかくと肌に洋服が貼り付いて不快なだけではなく、人の目が気になることも……。夏のコーディネートでは、汗を目立たせない工夫が必要です。そこで今回は、汗ジミを防いで快適に過ごすコツをご紹介。さらに、次のシーズンにも気持ちよく着るためのお手入れについてもチェックしておきましょう。


ムシムシとした暑さが続く夏。汗をかきやすいこの時期によくある悩みといえば、洋服ににじむ汗ジミではないでしょうか。汗をかくと肌に洋服が貼り付いて不快なだけではなく、人の目が気になることも……。夏のコーディネートでは、汗を目立たせない工夫が必要です。そこで今回は、汗ジミを防いで快適に過ごすコツをご紹介。さらに、次のシーズンにも気持ちよく着るためのお手入れについてもチェックしておきましょう。

汗ジミが気になりやすいところとは?

季節や環境、年齢などの条件によって異なりますが、人は1日におよそ500~1500ミリリットルの汗をかくといわれています。一般的に汗をかきやすいといわれるのは、汗腺(皮膚にある汗を分泌する腺)が多い部位。首まわりや額、脇や背中などは、特に汗が気になると感じる人が多いようです。

また、意外と見落としがちなのがお尻や太もも。身体のほかの部位と比べて汗腺の量が少ないものの、デスクワークなどで長時間座っていると、身体が常に椅子と密着しているため蒸れて汗をかいてしまいます。気づいたら洋服だけでなく椅子にも跡が付いてしまっていた経験がある人もいるかもしれませんね。

汗ジミを目立たせない衣類の工夫

汗ジミ対策としてまず行いたいのは、身につける衣類の工夫。汗をかいても目立ちにくい色や素材、デザインの服を選ぶと安心です。

汗ジミが目立ちにくい色と目立ちやすい色を知る

白・黒・ネイビーは汗ジミが目立ちにくい色です。また、単色ではなく細かい柄が入ったものなら、視線がそれるのでさらに目立ちにくくなります。一方で、ライトグレーやベージュはコーディネートに取り入れやすい色ですが、汗ジミが目立ちやすいのが難点。夏らしいパステルカラーも、汗が気になる場合は避けたほうがよさそうです。

速乾性の高い素材でさらっと快適に

素材としては、速乾性が高いポリエステルがおすすめ。汗をかいてもすぐに乾いて目立たなくなります。夏に重宝する綿は、吸水性が高いため汗を吸いやすく、汗ジミが目立ってしまいます。濡れると乾きにくく汗ジミが目立つことも。できるだけ薄手で風通しのよいものを選びましょう。

ゆとりのあるデザインで貼り付きを防ぐ

ゆったりしたシルエットの服は、服に直接汗が付かず、貼り付きによる不快感を防げます。脇や腕のまわりに余裕があるデザインを選ぶと、風通しがよく汗が乾きやすくなります。あえてワンサイズ大きなものにしてもよいでしょう。

インナーで汗対策をする

汗をかいても蒸れにくい、接触冷感・吸水速乾の機能をもったインナーを着用しましょう。汗の量が多い場合は、肌を覆う生地が大きい半袖タイプがベスト。汗取りパッドが付いたタイプのアイテムならさらに効果的です。また、UVカットや防臭・消臭の機能が施されたものも夏におすすめです。

来シーズンも気持ちよく着るための衣類のお手入れ

汗で汚れた衣類はすぐに洗濯をするのが鉄則。そのまま放置すると、しつこい黄ばみになってしまいます。また、次のシーズンもきれいに着るためには、衣替えの前にしっかりとお手入れをすることが肝心です。

着た日のうちに洗濯を

汗をたくさんかいた日の衣類は、できるだけ当日中に洗濯しましょう。できない場合は、汗が付きやすい脇や襟元などを、部分汚れ用の石けんを使って予洗いしておくとよいでしょう。

収納前にしっかり洗って黄ばみや虫食いを防ぐ

シーズン後に衣類をしまう時は、汚れを落としてから収納しましょう。洗濯にお風呂の残り湯を使うと雑菌が繁殖してニオイの原因になることがあるため、すすぎにはきれいな水を使いましょう。洗濯後はしっかりと乾かし、直射日光が当たらない湿度の低い場所で保管します。

しつこい汚れには台所用の中性洗剤や重曹を使う

普段からきちんとケアをしていても、着用と洗濯を繰り返すとガンコな汚れとなってしまうことがあります。なかなか落ちない汚れには、台所用の中性洗剤や重曹を使ってお手入れをしてみてください。

中性洗剤を使う場合

汗ジミの部分をぬるま湯で軽く濡らし、台所用の中性洗剤を直接付けます。もみ洗いをするか歯ブラシでこすり、ぬるま湯で流したら通常通り洗濯機で洗います。

重曹を使う場合

重曹と酸素系漂白剤(液体)を1対1の割合で混ぜてペースト状にして、汚れが気になる部分を覆うようにたっぷりと塗ります。塗った部分をドライヤーであたためてしばらく放置し、あとはそのまま洗濯機に入れていつも通りに洗濯します。

夏に汗をかくのは避けられませんが、コーディネートに汗を目立たせない工夫を取り入れることで快適に過ごすことができます。汗をかいたあとの衣類のお手入れとあわせて参考にしてみてくださいね。

関連する投稿


ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。


スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

たっぷりと美容成分を含んだシートマスク(フェイスマスク)は、美しい素肌を目指すうえでの強い味方。日々のスキンケアに活用している方は多いことでしょう。とはいえ種類はさまざまで、自分に合ったシートマスクを選ぶのは難しいもの。そこで今回は、肌悩みに応じたシートマスクの選び方や、より効果的に使うためのポイントをご紹介します。


美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト