メイク|ビューラーの正しい使い方 くるんとカールしたまつ毛をつくる

メイク|ビューラーの正しい使い方 くるんとカールしたまつ毛をつくる

ビューラーは、アイメイクで印象的な目元を演出したい時に欠かせないアイテム。上向きにくるんとカールしたまつ毛は、表情を華やかに見せてくれます。しかし、思うようにまつ毛が上がらなかったり、すぐにカールが落ちてしまったりと、お悩みも多いもの。そこで今回は、まつ毛を美しく仕上げるためのビューラーの使い方や、カールを長持ちさせるポイントをご紹介します。


ビューラーは、アイメイクで印象的な目元を演出したい時に欠かせないアイテム。上向きにくるんとカールしたまつ毛は、表情を華やかに見せてくれます。しかし、思うようにまつ毛が上がらなかったり、すぐにカールが落ちてしまったりと、お悩みも多いもの。そこで今回は、まつ毛を美しく仕上げるためのビューラーの使い方や、カールを長持ちさせるポイントをご紹介します。

まずは自分に合ったビューラー選びから

普段使っているビューラーは、自分のまぶたに合っているでしょうか?まつ毛の一部がうまく上がらなかったり、まぶたを挟んでしまったりする場合は、ビューラーが合っていないかもしれません。メーカーやブランドによって、ビューラーの形状はさまざま。自分にぴったりのビューラーを選ぶことで、思い通りのアイメイクに近づけます。

ビューラーのタイプは主に2種類

ビューラーには、シンプルな構造の「オーソドックスタイプ」と、バネの力を利用する「スプリングタイプ」があります。オーソドックスタイプは力加減の調整がしやすいため、好みのカールを付けやすいのが特徴。スプリングタイプは力を均一にかけられるので、テクニックがなくてもきれいに仕上げることができます。このほかに、幅が狭い部分用ビューラーもあります。

自分の目の形状に合ったビューラーを選ぶ

ビューラーを選ぶ時のポイントは、使い心地はもちろん、目の幅や眼球のカーブが合っているかをチェックすること。日本人の目の幅は平均約3センチといわれています。自分の目の幅を測ってみて3センチよりも長い場合は、幅広タイプのビューラーを選びましょう。また、二重の方はまぶたのカーブが深いことが多いので、ビューラーもカーブが強めのものを選んでみてください。

一重・奥二重の場合は専用のビューラーがおすすめ

一重や奥二重の方は、まぶたのカーブが浅くまつ毛が短い傾向があります。カーブが強すぎるビューラーだと目元にフィットせず、うまくまつ毛を挟めないかもしれません。一重・奥二重専用のビューラーなら、まぶたに埋もれがちなまつ毛をしっかり持ち上げられるように設計されているので、きれいなカールをつくれます。

ビューラーの正しい使い方

自分の目にフィットするビューラーを使っても、なかなか思うようにまつ毛が上がらない場合は、使い方が間違っているかもしれません。美しい目元をつくるための、ビューラーの正しい使い方をおさらいしましょう。

1.テーブルに鏡をおき、目線を下にして鏡を見ます。
2.親指と中指をビューラーのハンドルに入れ、人さし指で支えるようにして持ちます。
3.もう片方の指でまぶたを軽く押し、まつ毛の生え際が見えるようにしたら、ビューラーのカーブと目のカーブがフィットする位置を探します。
4.まつ毛の根元をビューラーでしっかりと挟み、カールを付けます。
5.毛先に向かってビューラーを少しずつ動かし、中間から毛先にかけて3~4回に分けてカールアップします。

ビューラーを動かす時は、手首を手前に返すようにするとまつ毛が上がりやすくなります。また、根元は強めに、毛先にかけてだんだん力を抜くようにして挟むときれいに仕上がります。目頭や目尻などの細かいところは、部分用のビューラーを使って調整しましょう。

まつ毛のカールを長時間キープするには

マスクを着けていると、湿った呼気が目元に当たってまつ毛のカールが落ちてくることがあります。また、暑い時季は汗や皮脂で目元のメイクが崩れがち。きれいなカールをキープするため、メイク時にひと手間をプラスしてみてください。

マスカラの選び方や塗り方を工夫してキープ力をアップ

ビューラーでまつ毛にカールを付けたあと、まずはカールキープ力のある下地を塗っておくと、上向きのまつ毛が長続きします。ウォータープルーフタイプなら汗や皮脂にも強く、崩れにくくなります。そのあとにマスカラを塗る時は、根元にブラシを当ててまつ毛を持ち上げ、毛先に向かってブラシをジグザグと動かすようにしましょう。毛先にマスカラがたくさん付くとまつ毛が下がりやすくなるので注意してください。

仕上げにホットビューラーを使うのもおすすめ

マスカラが完全に乾いたら、ホットビューラーで仕上げましょう。根元に数秒間当ててから、まつ毛をとかすようにして毛先までゆっくり動かします。毛先はまぶた側に軽く巻くように押さえるときれいに仕上がります。

きれいな上向きのまつ毛をつくるポイントは、ビューラーの選び方と使い方。ずっと同じビューラーを使っている場合は、ビューラーの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。


スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

たっぷりと美容成分を含んだシートマスク(フェイスマスク)は、美しい素肌を目指すうえでの強い味方。日々のスキンケアに活用している方は多いことでしょう。とはいえ種類はさまざまで、自分に合ったシートマスクを選ぶのは難しいもの。そこで今回は、肌悩みに応じたシートマスクの選び方や、より効果的に使うためのポイントをご紹介します。


美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト