おみそ汁|レタスのおみそ汁 ごま油でカルシウム吸収率アップ

おみそ汁|レタスのおみそ汁 ごま油でカルシウム吸収率アップ

みずみずしさとシャキシャキ感がうれしいレタスは、生で食べることの多い野菜。しかし、実は加熱してもおいしいのです。クセもないので、ほかの野菜や肉とも好相性。ぜひ加熱して、ほかの食材と一緒に食べてみてください。今回は意外だけど手軽でおいしい「レタスのおみそ汁」をご紹介します。


みずみずしさとシャキシャキ感がうれしいレタスは、生で食べることの多い野菜。しかし、実は加熱してもおいしいのです。クセもないので、ほかの野菜や肉とも好相性。ぜひ加熱して、ほかの食材と一緒に食べてみてください。今回は意外だけど手軽でおいしい「レタスのおみそ汁」をご紹介します。

加熱すれば食物繊維もしっかり摂れる

レタスで思いつくメニューといえば、やっぱりサラダ。もちろんそれでもおいしく食べられるのですが、レパートリーが1つではマンネリ化してしまいがちですよね。そこでおすすめしたいのは、レタスを加熱すること。加熱してかさが減ればたくさん食べられ、食物繊維もたっぷり摂れます。

レタスはビタミンC、K、βカロテンやカルシウムなどがほどよく含まれ、シャキシャキの食感とクセのなさが魅力です。油と一緒に摂ることで、βカロテンとカルシウムの吸収率がアップしますから、キャベツや小松菜と同じように炒めものにも使ってみてください。

レタスのおみそ汁レシピ

レタスだけを具材にした、シンプルなおみそ汁のレシピです。加熱で柔らかくなりますから、芯に近い硬めの葉や、食感がいまいちな一番外側の葉を使ってもおいしくいただけます。
仕上げにごま油をひとたらしすることで、βカロテンとカルシウムの吸収率も、おみそ汁の風味もアップします。

<材料(1人前)>
レタス 2~3枚
味噌 大さじ1くらい
水 200ミリリットル
顆粒だし 適量
ごま油 小さじ1

<作り方>
1.レタスを手で一口大にちぎる
2.鍋に顆粒だしと水を入れて沸騰させる
3.火を弱め、2にレタスを入れる
4.レタスが少ししんなりしたら味噌を溶いて、火を止める
5.器に入れ、ごま油をたらしてでき上がり

一緒にいかが? レタスと好相性のおみそ汁の具

レタスはクセがないので、ほかの野菜と一緒におみそ汁にしても違和感がありません。冷蔵庫に少し残った野菜があるなら、ぜひ一緒におみそ汁にしてしまいましょう。
とうもろこし、枝豆、溶き卵、ベーコンなどと一緒にすると、洋食にも合うおみそ汁になりますよ。

おみそ汁の仕上げに「しらす」のちょい足しはいかがですか? 現代人に不足しがちなカルシウム補給にぴったりです。

おいしいレタスの選び方

レタスは全体的にみずみずしさがあり、軽いものを選びましょう。重すぎるものは収穫時期が遅く、育ちすぎている場合があります。切り口が2センチくらいと小さめで、白いものが新鮮です。

ちなみに、レタスの茎を切った時に、白い液体が出てきたことはありませんか?これはラクチュコピクリンというポリフェノールの一種で、苦味がありますが、レタスが新鮮な証拠です。茎も刻んで食べてしまいましょう。また、保存していると切り口が赤くなることがありますが、これはラクチュコピクリンが酸化したため。腐食ではありませんから、食べても問題ありません。

レタスはキャベツなどと同じく、1玉まるごと買うと半玉よりも少しお得です。生食ではなかなか使い切れませんが、加熱すれば1人暮らしでも使い切れる量ですから、いいレタスを見つけたらぜひ1玉で購入してみてください。加熱ならば少し日が経って葉がしんなりしてしまってもおいしく食べられますよ。

関連する投稿


健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

アカムツをご存じない方でも、「のどぐろ」といわれれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。実は、もともとそれほど注目されない魚だったのが、今や知る人ぞ知る高級魚に……という、ちょっと変わった由来のある魚なのです。今回は、アカムツ(のどぐろ)の概要や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

近年、健康に関心の高い方の間で、食生活に取り入れられている「オートミール」。シリアルの一種なので、ミルクをかけて朝食として食べるもの、というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、オートミールは他のシリアルとは異なり、バラエティ豊かなアレンジで楽しめる食材なのです。そこで今回はオートミールの基本情報とともに、シリアルを敬遠する方にもおすすめの、オートミールをおいしく食べる方法をご紹介します。


郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

沖縄の郷土料理ヒラヤーチーは、小麦粉を水で溶いて具を混ぜ、フライパンで薄く焼いたもの。おやつとしても、またお酒のおつまみとしてもおいしい、冷蔵庫のありあわせで作る軽食です。作り方も食材もシンプルですから、小腹が空いた時に試してみてはいかがでしょうか?今回は、ヒラヤーチーの由来や作り方をご紹介します。


野菜の豆知識|「ピーマン」 タネやワタも栄養豊富

野菜の豆知識|「ピーマン」 タネやワタも栄養豊富

一年中出回るピーマンですが、旬は夏~初秋にかけて。安く手に入るこの時期に、おいしくたくさん食べたいですね。いかにも栄養満点といった濃い緑色ですが、実はワタにも栄養があります。今回はまとめ買いした時に役立つ、長く新鮮に保つ保存方法も合わせてご紹介します。


健康メニュー|「ほっけ」栄養素とおすすめの食べ方

健康メニュー|「ほっけ」栄養素とおすすめの食べ方

1年を通して食べられる「ほっけ」は、夏から秋にかけて旬を迎える魚です。同じほっけでも、実は2種類に分かれており、味わいが異なります。食卓にのぼることも多いほっけですが、どのような栄養素があるのか、おいしい調理の仕方などを知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、ほっけに含まれる栄養やおすすめの調理法をご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

アカムツをご存じない方でも、「のどぐろ」といわれれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。実は、もともとそれほど注目されない魚だったのが、今や知る人ぞ知る高級魚に……という、ちょっと変わった由来のある魚なのです。今回は、アカムツ(のどぐろ)の概要や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

近年、健康に関心の高い方の間で、食生活に取り入れられている「オートミール」。シリアルの一種なので、ミルクをかけて朝食として食べるもの、というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、オートミールは他のシリアルとは異なり、バラエティ豊かなアレンジで楽しめる食材なのです。そこで今回はオートミールの基本情報とともに、シリアルを敬遠する方にもおすすめの、オートミールをおいしく食べる方法をご紹介します。


郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

沖縄の郷土料理ヒラヤーチーは、小麦粉を水で溶いて具を混ぜ、フライパンで薄く焼いたもの。おやつとしても、またお酒のおつまみとしてもおいしい、冷蔵庫のありあわせで作る軽食です。作り方も食材もシンプルですから、小腹が空いた時に試してみてはいかがでしょうか?今回は、ヒラヤーチーの由来や作り方をご紹介します。


健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

禁酒や禁煙、ダイエットは、これまでの食習慣や生活習慣を変えなければ成功は難しいものといわれています。健康のためにお酒やタバコをやめたい、痩せたいという場合は、少なくともこれまで普通に行ってきたことをやめなければいけません。そんな「○○してはいけない」という状況は、想像以上につらいもの。そこで、「○○の代わり」となる「代替行動」を見つけてみましょう。今回は、ストレスをかけずに生活習慣の改善を目指せる代替行動についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト