おみそ汁|レタスのおみそ汁 ごま油でカルシウム吸収率アップ

おみそ汁|レタスのおみそ汁 ごま油でカルシウム吸収率アップ

みずみずしさとシャキシャキ感がうれしいレタスは、生で食べることの多い野菜。しかし、実は加熱してもおいしいのです。クセもないので、ほかの野菜や肉とも好相性。ぜひ加熱して、ほかの食材と一緒に食べてみてください。今回は意外だけど手軽でおいしい「レタスのおみそ汁」をご紹介します。


みずみずしさとシャキシャキ感がうれしいレタスは、生で食べることの多い野菜。しかし、実は加熱してもおいしいのです。クセもないので、ほかの野菜や肉とも好相性。ぜひ加熱して、ほかの食材と一緒に食べてみてください。今回は意外だけど手軽でおいしい「レタスのおみそ汁」をご紹介します。

加熱すれば食物繊維もしっかり摂れる

レタスで思いつくメニューといえば、やっぱりサラダ。もちろんそれでもおいしく食べられるのですが、レパートリーが1つではマンネリ化してしまいがちですよね。そこでおすすめしたいのは、レタスを加熱すること。加熱してかさが減ればたくさん食べられ、食物繊維もたっぷり摂れます。

レタスはビタミンC、K、βカロテンやカルシウムなどがほどよく含まれ、シャキシャキの食感とクセのなさが魅力です。油と一緒に摂ることで、βカロテンとカルシウムの吸収率がアップしますから、キャベツや小松菜と同じように炒めものにも使ってみてください。

レタスのおみそ汁レシピ

レタスだけを具材にした、シンプルなおみそ汁のレシピです。加熱で柔らかくなりますから、芯に近い硬めの葉や、食感がいまいちな一番外側の葉を使ってもおいしくいただけます。
仕上げにごま油をひとたらしすることで、βカロテンとカルシウムの吸収率も、おみそ汁の風味もアップします。

<材料(1人前)>
レタス 2~3枚
味噌 大さじ1くらい
水 200ミリリットル
顆粒だし 適量
ごま油 小さじ1

<作り方>
1.レタスを手で一口大にちぎる
2.鍋に顆粒だしと水を入れて沸騰させる
3.火を弱め、2にレタスを入れる
4.レタスが少ししんなりしたら味噌を溶いて、火を止める
5.器に入れ、ごま油をたらしてでき上がり

一緒にいかが? レタスと好相性のおみそ汁の具

レタスはクセがないので、ほかの野菜と一緒におみそ汁にしても違和感がありません。冷蔵庫に少し残った野菜があるなら、ぜひ一緒におみそ汁にしてしまいましょう。
とうもろこし、枝豆、溶き卵、ベーコンなどと一緒にすると、洋食にも合うおみそ汁になりますよ。

おみそ汁の仕上げに「しらす」のちょい足しはいかがですか? 現代人に不足しがちなカルシウム補給にぴったりです。

おいしいレタスの選び方

レタスは全体的にみずみずしさがあり、軽いものを選びましょう。重すぎるものは収穫時期が遅く、育ちすぎている場合があります。切り口が2センチくらいと小さめで、白いものが新鮮です。

ちなみに、レタスの茎を切った時に、白い液体が出てきたことはありませんか?これはラクチュコピクリンというポリフェノールの一種で、苦味がありますが、レタスが新鮮な証拠です。茎も刻んで食べてしまいましょう。また、保存していると切り口が赤くなることがありますが、これはラクチュコピクリンが酸化したため。腐食ではありませんから、食べても問題ありません。

レタスはキャベツなどと同じく、1玉まるごと買うと半玉よりも少しお得です。生食ではなかなか使い切れませんが、加熱すれば1人暮らしでも使い切れる量ですから、いいレタスを見つけたらぜひ1玉で購入してみてください。加熱ならば少し日が経って葉がしんなりしてしまってもおいしく食べられますよ。

関連する投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト