健康習慣|夏も冬も! 保存版「温冷浴」のススメ

健康習慣|夏も冬も! 保存版「温冷浴」のススメ

緊急事態宣言発出の影響により、温泉やサウナで気軽にリフレッシュできる温浴施設の休業が相次ぎました。日ごろから温浴施設を利用していた方にとっては、リフレッシュの場が失われてしまったと感じたのではないでしょうか。そんななか、サウナと似た効果を得られる「温冷交代浴」、いわゆる「温冷浴」が注目されています。そこで今回は、季節を問わず健康効果が期待できる温冷浴の効果と方法についてご紹介します。


緊急事態宣言発出の影響により、温泉やサウナで気軽にリフレッシュできる温浴施設の休業が相次ぎました。日ごろから温浴施設を利用していた方にとっては、リフレッシュの場が失われてしまったと感じたのではないでしょうか。そんななか、温浴施設へ行かずともサウナと似た効果を得られる「温冷交代浴」、いわゆる「温冷浴」が注目されています。そこで今回は、季節を問わず健康効果が期待できる温冷浴の効果と方法についてご紹介します。

熱い湯と水風呂へ交互に 「温冷交代浴」とは?

温冷交代浴(温冷浴)とは、温度差のある、お湯と水へ交互に浸かる入浴法。温度の高い場所に一定時間いたあとに水風呂に入る、という意味ではサウナと似ており、一定温度の浴槽のみに浸かる普通の入浴とは異なる効果も得られます。

温冷浴は、元々ヨーロッパで温泉療法として行われてきた方法です。温冷浴の効果については海外で研究が行われたことがあり、疲労回復に加えてケガの回復のサポート、筋肉痛を和らげる効果やパフォーマンス向上効果が認められています。そのため、最近ではアスリートが疲労回復のために取り入れているほどです。

なぜ温冷浴にこのような効果があるのかというと、熱い湯と水風呂で交互に温冷刺激を与えることにより、交感神経が刺激されるからです。交感神経へ刺激が与えられると筋肉が収縮し、疲労により発生した炎症物質の減少、むくみ改善、冷え性の予防や新陳代謝アップによるダイエット効果などが期待できます。冬の寒い時期に体をあたためるだけでなく、暑い時期に温冷浴を行うとクールダウンでき、入浴後の汗を抑えるのにも効果的です。

「温冷交代浴」を体験してみよう

温冷浴は、40~42℃のお湯と30℃ほどのぬるま湯で行います。温泉などの温浴施設で温冷浴を行う場合は、熱めの浴槽とぬるめの浴槽2つがある場所が理想的です。基本的な温冷浴は、以下の手順で行います。

1.かけ湯をして体を慣らしてから、熱い方の浴槽に肩まで2~3分浸かる
2.ゆっくりと熱い浴槽から上がり、ぬるめの浴槽に1~3分浸かる
3.これを3回繰り返す

温冷浴で注意したいのは、2種類の浴槽の温度差です。熱いお湯に浸かったあと、すぐに冷たい水に入ると血圧が急上昇し、心臓へ負担をかけてしまいます。寒い時期の入浴時に起こることが多い「ヒートショック」と同様、血圧の急上昇による心筋梗塞や脳卒中などを引き起こしかねないため、心疾患や脳疾患のある方、高血圧の症状がある方は温冷浴を控えるべきでしょう。

温度差やヒートショックについては、以下の記事も参考にしてみてください。

自宅でも実践できる温冷浴の方法

温冷浴は2つの浴槽がなければできないのでは、と思われる方がいるかもしれません。一般家庭で2つの浴槽を使うことは難しいですが、浴槽が1つでも、少し方法を変えるだけで自宅でも温冷浴を実践できます。自宅で温冷浴を行う場合は、水風呂の代わりにぬるま湯のシャワーを使いましょう。2種類の浴槽を使った温冷浴よりも温度差が小さいので、体への負担を軽減でき、気軽に挑戦できるのでおすすめです。

自宅で温冷浴をする方法は、基本的には2つの浴槽を使う方法とほぼ同じですが、浴槽に張るお湯を40℃ほどに設定し、30℃ほどのぬるま湯のシャワーを水風呂の代用とする点が異なります。つまり、熱い浴槽に3分ほど浸かったあとにぬるま湯のシャワーをかける、これを3回繰り返し、最後にサッと熱いお湯に浸かって体をあたためます。

この方法の注意点は、シャワーを冷たくしすぎないこと。全身に冷たいシャワーをかけると血圧の急上昇につながってしまうため、ぬるま湯のシャワーは手足の先に30秒かける程度にしておくこともポイントです。

温冷浴は疲労回復や代謝アップなどのほか、暑い時期には汗を抑え、寒い時期は冷え性の予防効果も期待できる、1年を通して実践できる健康法です。無理のない範囲で行い、健康増進に役立ててみてください。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト