健康習慣|新型栄養失調とは?

健康習慣|新型栄養失調とは?

第2次世界大戦中や戦後、食糧不足により日々の食事を十分に取れないことが原因で栄養失調になる方が多かったといわれます。しかし現在、満足に食糧があるにもかかわらず、栄養不足に陥る「新型栄養失調」になる方が増えています。今回は、新型栄養失調の原因と予防方法についてご紹介します。


第2次世界大戦中や戦後、食糧不足により日々の食事を十分に取れないことが原因で栄養失調になる方が多かったといわれます。しかし現在、満足に食糧があるにもかかわらず、栄養不足に陥る「新型栄養失調」になる方が増えています。今回は、新型栄養失調の原因と予防方法についてご紹介します。

食べているのに栄養失調に? 新型栄養失調が増えている理由

新型栄養失調とは、食糧不足が原因で発生する栄養失調とは異なる、現代人特有の栄養失調です。一般的に連想される栄養失調は、摂取カロリーが少ないことにより起こります。これに対して新型栄養失調は、1日3食しっかり食べてカロリーは十分摂取できているけれど、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの体に必要な栄養素が不足している状態を指します。

この新型栄養失調は女性や高齢者に多く見られます。よくだるさを感じる、夜ぐっすりと眠れないなどの体の不調を感じている場合、新型栄養失調が原因の可能性も考えられます。
では、一体どのような原因で栄養不足に陥ってしまうのでしょうか。

女性に新型栄養失調が多い理由

特に働いている女性の場合、ランチが毎日似たりよったりのメニューということも多いでしょう。惣菜パンやコンビニのおにぎりで簡単に済ませて空腹を満たすことが増えると、カロリーは摂取できても栄養が偏ってしまいます。また、ダイエットのためにヘルシーな食事を続けることで必要な栄養素が不足してしまうことも、新型栄養失調の原因になってしまうのです。

高齢者に新型栄養失調が多い理由

高齢になると活動量が減る場合が多く、若い頃ほど食欲がでないことは珍しくありません。肉や魚などをあまり食べず、さっぱりしたものを選んでしまうことも多いでしょう。また、加齢により、咀嚼したり飲み込んだりする能力や消化吸収能力が衰えてしまうと、食事から摂取できる栄養素が減ってしまいがち。このような加齢に伴う体の変化により、たんぱく質をはじめとした栄養素が不足してしまうのが、高齢者の新型栄養失調の原因といわれます。

現代人に不足しがちな栄養素とは

食事で十分なカロリーを摂取していても、栄養素が偏っていると新型栄養失調になる可能性があります。では、現代の日本人が不足しがちな栄養素とは、どのようなものなのでしょうか。

たんぱく質

まず挙げられるのが、たんぱく質。たんぱく質の不足は筋肉量の低下を招くだけでなく、免疫力の低下や皮膚トラブル、貧血などを引き起こすことがあります。また、たんぱく質を構成する一部のアミノ酸からできる神経伝達物質も不足してしまうため、集中力や思考力が低下してしまうことも。たんぱく質を摂取するためには肉や魚、大豆製品を積極的に食べましょう。

ビタミン

ビタミン不足も、新型栄養失調の原因となります。日本人が不足しがちなビタミンは「ビタミンA」と「ビタミンB1」といわれています。
ビタミンAの不足は糖尿病のリスクや目のトラブルなど、ビタミンB1不足は手足を動かしにくくなるなどの末梢神経障害、体のだるさなどの症状が現れる可能性があります。ビタミンAを摂取できる代表的な野菜といえば、にんじん。ビタミンAは脂溶性なので、油で調理するとより吸収しやすくなるのでおすすめです。ビタミンB1は大豆や豚肉、玄米に多く含まれていますが、水溶性なので大量に摂取しても必要以上の量は排出されてしまいます。また、熱にも弱いため調理の際は注意しましょう。

ミネラル

健康維持に必要な必須ミネラルは16種類ありますが、なかでも不足しがちなのが「カルシウム」と「マグネシウム」です。
カルシウムが多い食品といえば、乳製品や小魚、大豆製品です。乳製品は吸収率が高いので、意識的に摂取してみましょう。マグネシウムは海藻やアーモンドなどのナッツ類、魚介類などに多く含まれます。全粒粉もマグネシウムが多いため、強力粉ではなく全粒粉のパンを選ぶと、マグネシウムを摂取しやすくなるでしょう。

サプリメントに頼りすぎない食生活で新型栄養失調の予防を

たとえおなかいっぱい食事をしても、偏った食事内容では必要な栄養素が不足してしまいます。栄養不足による新型栄養失調を防ぐためには、バランスのよい食生活を送ることが何よりも大事です。サプリメントである程度の栄養素は補えますが、サプリメントはあくまでも栄養を補助するための食品なので、頼りすぎることなく食事から栄養素を摂ることを意識しましょう。

もちろん、その日の体調によってはあまり食べられない、という場合もでてくるかもしれません。そんな時は無理をせず、体調に合わせてできるだけ多くの品目を食べてみましょう。

夏は特に、暑さのせいで食欲が落ちてしまいがち。そんな夏バテ気味な時でも無理なく健康に過ごせるように、以下の記事も参考にしてみてください。
夏バテに関する記事一覧

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト