健康習慣|「セデンタリー」ってどういうこと?

健康習慣|「セデンタリー」ってどういうこと?

テレワーク普及で注目された商品のひとつに、机の高さが調整でき、立ったままでも使える「スタンディングデスク」があります。デスクワークといえば椅子に掛けて取り組むものでしたが、ここにきて立ったまま使う机が注目されているのは、「セデンタリー」という健康にも影響の大きい習慣によるものなのです。今回は、「セデンタリー」の概要や、取り組みたい対策についてご紹介します。


テレワーク普及で注目された商品のひとつに、机の高さが調整でき、立ったままでも使える「スタンディングデスク」があります。デスクワークといえば椅子に掛けて取り組むものでしたが、ここにきて立ったまま使う机が注目されているのは、「セデンタリー」という健康にも影響の大きい習慣によるものなのです。今回は、「セデンタリー」の概要や、取り組みたい対策についてご紹介します。

「セデンタリー」とは?

「セデンタリー」=「座りがち」。生活習慣化するとリスクが

「セデンタリー(Sedentary)」とは英語で「座りがち」という意味の言葉です。これに関連して、座り続けたままほとんど体を動かさない生活スタイルのことを「セデンタリー・ライフスタイル」といいます。
世界保健機関(WHO)によると、このセデンタリー・ライフスタイルが、喫煙・不健康な食事・アルコールの摂りすぎなどと並び、がん・心血管障害・糖尿病・慢性呼吸器疾患を引き起こす原因となっているというのです。

コロナ禍で「セデンタリー・ライフスタイル」の人が増加傾向にある

オフィスでデスクワークをしていても、大抵は時折立ち上がりますし、仕事の前後は通勤のために動きます。そのため従来は、セデンタリー・ライフスタイルといえば、在宅で長時間デスクワークをするような一部の人に限られた話でした。ところが、コロナ禍で急激にテレワークが普及したことで、その「在宅で長時間デスクワークをする人」が増え、セデンタリー・ライフスタイルの人が増加傾向に転じたのです。

エコノミークラス症候群とも通じる点が

長時間座ったままの生活がなぜ体に悪いのかといったことには、運動不足などいくつかの原因が考えられます。関連があると思われるもののひとつが、長時間同じ座姿勢をとることで足の静脈に血栓ができ、肺動脈など重要な血管を塞いでしまう「エコノミークラス症候群」です。

エコノミークラス症候群について詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

セデンタリー・ライフスタイルを返上しよう

ここからは、テレワークやオフィスワークでセデンタリー・ライフスタイルに陥らないために、日ごろからできる工夫をご紹介します。

休日だけ運動しても効果薄、日常的に座る時間を短く

セデンタリー・ライフスタイルが体に悪影響を及ぼすのには、単純な運動不足以外にも理由があります。「仕事では座りっぱなしだけれど、休日はジムで体を動かし、ジョギングをしているから大丈夫」という考え方はやや早計かもしれません。休日に取り返そうなどとは考えず、スケジュールをやりくりして、日常的に「座る時間を短くする」工夫をしましょう。エスカレーターの代わりに階段を使う、ひと駅分歩くなど、毎日の運動量を少しずつ増やす方法もおすすめです。

座っている間にも時折「立ち上がる時間」を

座る時間を短くするといっても、必ずしもスタンディングデスクを取り入れたり、デスクワークを短く切り上げたりする必要はありません。まずは「一度も立ち上がらずに長時間座り続ける」ことをやめてみましょう。1~2時間ごとに短い休憩を入れて席を立つようにしたり、座ってする仕事の合間に立ったままできる仕事を挟んだりするので構いません。

座ったまま足を使う運動をしてみるのも効果あり

オフィスなどでは、時折立ち上がるのも難しいことがあるかもしれません。そんな時は、座ったまま足の指をグッ・パッと、結んで・開いてと動かしたり、足首を回したり、ふくらはぎを軽くマッサージしたりと、足の血行を促すような運動をしてみましょう。椅子の上に正座して、片方ずつ膝を上げ下げするのも太もものストレッチになります。

在宅でデスクワークをするとなると、つい「腰痛を防ぐためにいい椅子・クッションを」などの“道具を取り入れて長時間乗り切る”方法を考えがちです。しかし、セデンタリー・ライフスタイル対策としては、まず発想を切り替え、「1~2時間ごとに立ち上がる・体を動かす方法」を考えることがポイントになります。逆にいえば道具がなくてもすぐ取り組めることばかりですから、ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連する投稿


健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

禁酒や禁煙、ダイエットは、これまでの食習慣や生活習慣を変えなければ成功は難しいものといわれています。健康のためにお酒やタバコをやめたい、痩せたいという場合は、少なくともこれまで普通に行ってきたことをやめなければいけません。そんな「○○してはいけない」という状況は、想像以上につらいもの。そこで、「○○の代わり」となる「代替行動」を見つけてみましょう。今回は、ストレスをかけずに生活習慣の改善を目指せる代替行動についてご紹介します。


健康習慣|新型栄養失調とは?

健康習慣|新型栄養失調とは?

第2次世界大戦中や戦後、食糧不足により日々の食事を十分に取れないことが原因で栄養失調になる方が多かったといわれます。しかし現在、満足に食糧があるにもかかわらず、栄養不足に陥る「新型栄養失調」になる方が増えています。今回は、新型栄養失調の原因と予防方法についてご紹介します。


健康習慣|夏も冬も! 保存版「温冷浴」のススメ

健康習慣|夏も冬も! 保存版「温冷浴」のススメ

緊急事態宣言発出の影響により、温泉やサウナで気軽にリフレッシュできる温浴施設の休業が相次ぎました。日ごろから温浴施設を利用していた方にとっては、リフレッシュの場が失われてしまったと感じたのではないでしょうか。そんななか、サウナと似た効果を得られる「温冷交代浴」、いわゆる「温冷浴」が注目されています。そこで今回は、季節を問わず健康効果が期待できる温冷浴の効果と方法についてご紹介します。


健康習慣|外耳炎が増加中! イヤホンの長時間利用に注意

健康習慣|外耳炎が増加中! イヤホンの長時間利用に注意

音楽やテレビ、ラジオの音声を聴く時に使用されることが多いイヤホン。最近はテレワークなどが増えた影響で、自宅でイヤホンを使う機会も増えたのではないでしょうか。そんななか、イヤホンの使用時間が長くなったことで耳の病気に悩まされる方も増えているといいます。今回は、イヤホンの使用で起こり得る病気「外耳炎(外耳道炎)」の原因と予防方法についてご紹介します。


健康習慣|体調不良の原因は「隠れ酸欠」? マスク生活で気をつけたい習慣とは

健康習慣|体調不良の原因は「隠れ酸欠」? マスク生活で気をつけたい習慣とは

新型コロナウイルス感染症の流行により、季節にかかわらず外出時は常にマスクを着用することはもはや日常となりました。従来のように一時的なマスクの着用であれば問題はなかったのですが、着用時間が増えていることが原因で体調不良が起こる可能性があります。そこで今回は、マスク着用によって起きる「隠れ酸欠」についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

アカムツをご存じない方でも、「のどぐろ」といわれれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。実は、もともとそれほど注目されない魚だったのが、今や知る人ぞ知る高級魚に……という、ちょっと変わった由来のある魚なのです。今回は、アカムツ(のどぐろ)の概要や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

近年、健康に関心の高い方の間で、食生活に取り入れられている「オートミール」。シリアルの一種なので、ミルクをかけて朝食として食べるもの、というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、オートミールは他のシリアルとは異なり、バラエティ豊かなアレンジで楽しめる食材なのです。そこで今回はオートミールの基本情報とともに、シリアルを敬遠する方にもおすすめの、オートミールをおいしく食べる方法をご紹介します。


郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

沖縄の郷土料理ヒラヤーチーは、小麦粉を水で溶いて具を混ぜ、フライパンで薄く焼いたもの。おやつとしても、またお酒のおつまみとしてもおいしい、冷蔵庫のありあわせで作る軽食です。作り方も食材もシンプルですから、小腹が空いた時に試してみてはいかがでしょうか?今回は、ヒラヤーチーの由来や作り方をご紹介します。


健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

禁酒や禁煙、ダイエットは、これまでの食習慣や生活習慣を変えなければ成功は難しいものといわれています。健康のためにお酒やタバコをやめたい、痩せたいという場合は、少なくともこれまで普通に行ってきたことをやめなければいけません。そんな「○○してはいけない」という状況は、想像以上につらいもの。そこで、「○○の代わり」となる「代替行動」を見つけてみましょう。今回は、ストレスをかけずに生活習慣の改善を目指せる代替行動についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト