健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

健康メニュー|ごはんの代わりに!オートミールをおいしく食べる方法

近年、健康に関心の高い方の間で、食生活に取り入れられている「オートミール」。シリアルの一種なので、ミルクをかけて朝食として食べるもの、というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、オートミールは他のシリアルとは異なり、バラエティ豊かなアレンジで楽しめる食材なのです。そこで今回はオートミールの基本情報とともに、シリアルを敬遠する方にもおすすめの、オートミールをおいしく食べる方法をご紹介します。


近年、健康に関心の高い方の間で、食生活に取り入れられている「オートミール」。シリアルの一種なので、ミルクをかけて朝食として食べるもの、というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、オートミールは他のシリアルとは異なり、バラエティ豊かなアレンジで楽しめる食材なのです。そこで今回はオートミールの基本情報とともに、シリアルを敬遠する方にもおすすめの、オートミールをおいしく食べる方法をご紹介します。

オートミールとはどのような食べ物?

オートミールは「燕麦(えんばく)」とも呼ばれる穀物「オーツ麦」から作られたシリアルの一種で、オーツ麦を脱穀して調理しやすい状態に加工されています。グラノーラをはじめとした朝食向けのシリアルの多くは甘く味付けして焼かれていますが、オートミールには甘味は付けられておらず、原料はほぼオーツ麦のみです。

オートミールは、状態や食べ方によって主に以下の3種類が販売されています。

ロールドオーツ

脱穀したオーツ麦を蒸してから薄く伸ばして乾燥させたタイプ。薄いので短時間で調理可能

インスタントオーツ(インスタントオートミール)

ロールドオーツを調理し、乾燥させたタイプ。シリアル感覚でそのまま食べられる

クイックオーツ

ロールドオーツを粉砕したタイプ。ロールドオーツより時短で調理できる

他のシリアルと比べて、オートミールが大きく異なるのが、主食として優秀ということです。白米よりも糖質が控えめにもかかわらず、たんぱく質は白米の約2倍。ビタミンB1やビタミンE、食物繊維も豊富な上にGI値が低いので、食後の血糖値の上昇を緩やかにするという特徴も持ちます。

オートミールの定番の食べ方は、お粥のように煮てから牛乳をかける方法。その他にも、主食代わりになるオートミールにはさまざまな食べ方があります。

オートミールをお米代わりに食べる方法が人気

最近はオートミールをお米の代わりに食べる方が増えています。水を加えて電子レンジで加熱するのがオートミールの基本の調理法ですが、この方法で加熱すると、まるでお米のようなモチモチした食感になります。そのためお米の代用品として食事に取り入れやすく、カロリーや糖質を抑えながら豊富な栄養素を摂取できるのです。

レンジで水と加熱したオートミールに親子丼や牛丼の具、カレールーなどをかければ、ごはんの代用品としておいしく食べられます。また、出汁と一緒にレンジで加熱して和風の雑炊にしたり、好みの具材にお茶をかけてお茶漬けにしたりするのも和風アレンジとしておすすめ。出汁と、加熱して粗熱を取ったオートミールを海苔と握れば、ヘルシーなおにぎりとしても楽しめます。

麺やごはんが定番の鍋のシメは、どうしてもカロリーが高くなりがち。そこで、鍋の残ったスープに、水と加熱したオートミールを加えると、鍋のスープを吸収したおいしい鍋のシメになります。

粉ものやパスタの代わりにもなるオートミール

オートミールはごはんの代用品として使う以外に、粉ものやパスタ代わりにも活用できます。例えば、水と加熱したオートミールに出汁と卵、キャベツを加えれば、お好み焼きの生地に。糖質が気になりがちなグラタンも、オートミールを入れたグラタン皿に牛乳とコンソメを加え、チーズを乗せて塩コショウをかけ、トースターで加熱すると、マカロニの代用としてオートミールを使ったグラタンが簡単にできあがります。

定番メニューから粉もの、パスタを使うような料理まで、オートミールのアレンジは多彩。代用品としてクセの少ない食材なので、さまざまなメニューに活用できます。健康メニューとして、オートミールを取り入れた料理を食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト