健康習慣|気軽さトップの運動! 「散歩」の効果を見直す

健康習慣|気軽さトップの運動! 「散歩」の効果を見直す

ジョギングやウォーキングは、日常生活で実行しやすい運動として知られています。これらはどちらかというと運動と意識して行うものですが、「散歩」はあまり運動と意識しなくても体を動かせます。心身ともにいい影響を得られ、簡単に続けられる、おすすめの健康習慣です。今回は、散歩に期待できる効果について、時間帯ごとにご紹介していきます。


ジョギングやウォーキングは、日常生活で実行しやすい運動として知られています。これらはどちらかというと運動と意識して行うものですが、「散歩」はあまり運動と意識しなくても体を動かせます。心身ともにいい影響を得られ、簡単に続けられる、おすすめの健康習慣です。今回は、散歩に期待できる効果について、時間帯ごとにご紹介していきます。

朝の散歩

朝日を浴びながら散歩をすると体をリフレッシュできる気がする、などの理由で、なんとなく散歩をする時間に朝を選ぶ方は多いかもしれません。実は、朝の散歩は「なんとなく」にとどまらず、体の仕組み的にも散歩に適した時間なのです。

血糖値が下がっている状態の体は、血糖値を安定させるために脂肪をエネルギーに変えようとします。そのため、血糖値が低い状態の朝に運動をすると、脂肪を燃焼しやすくなります。朝に体を動かして、午前中のうちに基礎代謝を上げられる朝の散歩は、ダイエットに最適なのです。

また、朝日を浴びることで体内時計をリセットできるので、メリハリのある1日のサイクルを送って、健康的な生活につなげられるというメリットもあります。

昼の散歩

午前中の仕事で凝り固まった体をほぐすには、昼の散歩がおすすめ。歩くことで血行を促進し、リフレッシュできます。

仕事で座りっぱなしの状態が長いと、同じ姿勢が長時間続くことによって、下半身の血がドロドロになり血栓ができやすくなることから、エコノミー症候群のリスクが高まることも。また、食後の血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」が起こっていると、血糖値の乱高下が増えて血管を傷つけるので、動脈硬化が進む可能性もあります。

エコノミー症候群や血糖値スパイクについては、以下の記事でもご紹介しています。

昼食後に適度に散歩で体を動かすことは、エコノミー症候群や血糖値スパイクの予防にもつなげられます。昼も、散歩でできるだけ体を動かしてみましょう。

夕方や夜の散歩

散歩を夕方や夜の習慣にしている人は、あまり多くはないかもしれません。しかし、夕方や夜は比較的時間を確保しやすいので、散歩をするのにおすすめの時間帯です。日が沈んだ後の時間は日焼けの心配もなく、体温が上昇している時間帯なので、消費エネルギーを増やすことによる脂肪燃焼効果も期待できます。

また、夜は成長ホルモンが分泌される時間帯で、就寝中に最も多く分泌されます。そんな時間である夜に、散歩で血行や自律神経の働きを促進すれば、心身がリラックスした状態になり、睡眠の質の向上も期待できます。

ただし、就寝直前に散歩をすると体温が上がりすぎてしまい、逆に寝付けなくなることがあります。散歩をするなら、最低でも就寝2時間前までに済ませましょう。

散歩を続けるために押さえておきたいポイント

散歩を毎日の健康習慣として続けたいと思っても、なかなか毎日同じことを繰り返すのは難しいと考える人も多いのではないでしょうか。無理なく散歩を継続させるためには、モチベーションの維持が大事です。

例えば、行ったことがない場所を選んでみる、カメラを持って出かけて撮影がてら歩くなども、散歩を続けやすくするポイントです。時間や距離などの目標、コースを決めずに、思いのままに好きな時間だけ歩くのもいいでしょう。買い物ついでに歩けば、無理なく散歩を続けられます。

スマホをお持ちなら、移動距離やいる場所が反映される、位置情報ゲームを活用するのもおすすめです。ゲームを楽しみながら、楽しく歩けます。ゲームに夢中になることで、思いのほか長く歩けることも。

位置情報ゲームについては、以下の記事もチェックしてみてください。

散歩は比較的継続しやすい運動で、日常生活のなかでも気軽に取り入れやすいものです。特に目標を定めずに気の向くまま歩くことを習慣にできれば、心身ともにいい影響が期待できます。散歩をする時間帯によっても得られる効果が変わってくるので、ライフスタイルに合わせて無理なく散歩を習慣づけてみましょう。

関連する投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


健康習慣|座りっぱなしのあなたに、腰にやさしい座り方

健康習慣|座りっぱなしのあなたに、腰にやさしい座り方

重いものを持ち上げたり、過度な運動をしたりすると引き起こされることがある腰痛。しかし、これらの行動をしていなくても、普段の生活に腰痛の原因は潜んでいます。仕事中をはじめとして、通勤・帰宅時の公共交通機関や自宅で過ごす時間など、座っている時間が長いと腰へ負担がかかり、腰痛になることもあるのです。そこで今回は、腰痛を起こさない正しい座り方についてご紹介します。


健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

健康習慣|禁酒やダイエットをサポートする代替行動で無理のない生活改善を

禁酒や禁煙、ダイエットは、これまでの食習慣や生活習慣を変えなければ成功は難しいものといわれています。健康のためにお酒やタバコをやめたい、痩せたいという場合は、少なくともこれまで普通に行ってきたことをやめなければいけません。そんな「○○してはいけない」という状況は、想像以上につらいもの。そこで、「○○の代わり」となる「代替行動」を見つけてみましょう。今回は、ストレスをかけずに生活習慣の改善を目指せる代替行動についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト