ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。


髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。

ヘアカラーが髪の毛の色を染める仕組み

一般的にヘアカラーは、2つの薬剤(1剤・2剤)を使用して髪の毛の色を明るくします。1剤には酸化染料とアルカリ剤、2剤には酸化剤が含まれ、これらを混ぜ合わせたものを髪の毛に塗布すると、表面のキューティクルが開き、染料が髪の毛の内部に浸透していきます。

髪の毛にとっては弱酸性の状態がもっとも健康であるといわれ、通常はキューティクルが閉じた状態です。しかし、ヘアカラーの薬剤を塗布することでアルカリ性に傾き、キューティクルが開きます。そして、1剤のアルカリ剤と2剤の酸化剤が反応することで発生した酸素が、髪の毛を黒くする色素であるメラニンを脱色し、同時に染料を発色させます。

発色した染料の分子はくっつきあって大きくなり、開いたキューティクルのすき間から出られなくなります。こうすることで、髪の毛に染料を定着させているのです。

ヘアカラーが髪の毛や頭皮に与える影響

ヘアカラーは先ほどご説明したような仕組みで髪の毛を染色しますが、メラニンを脱色する時に、髪の毛の主成分であるたんぱく質を破壊してしまいます。ヘアカラーの色が明るければ明るいほど、メラニンを多く分解する必要があるため、髪の毛へのダメージは大きくなります。

ヘアカラーをすると、薬剤によって無理やりキューティクルをこじ開けることになります。そして、色素が入ってキューティクルが開いたままの状態になることで、水分や油分が流れ出し、髪の毛が乾燥してしまうのです。ヘアカラーを何度も繰り返すと、キューティクルのダメージが深刻化することもあります。

また、ヘアカラーの施術時に頭皮がピリピリしたり、かゆみが出たりしたことがある方もいるかもしれません。ヘアカラーの薬剤には刺激の強い成分が含まれるため、頭皮に付着すると皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。肌が敏感な方は特に注意が必要です。

市販のヘアカラーと美容院のヘアカラーは、髪の毛を染める仕組みは同じですが、薬剤の成分に大きな違いがあります。市販のヘアカラーはダメージを与える成分が髪の毛に残留しやすいため、美容院のヘアカラーのほうが負担になりにくいといわれています。市販のヘアカラーは手軽に髪の毛を染められるのが魅力ですが、髪の毛や頭皮の健康のことを考えると、美容院でヘアカラーをするのがおすすめです。

ヘアカラーでダメージを受けた髪の毛と頭皮をいたわるには

ヘアカラーによるダメージをなくすためには、ヘアカラーを控えることが最善です。とはいえ、髪の毛のおしゃれや身だしなみのために欠かせない場合もあるでしょう。そこで、髪の毛や頭皮をいたわりながらヘアカラーを楽しむポイントをご紹介します。

カラーケア用のシャンプーを使う

ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛は、髪の毛を補修してくれる成分が配合されたカラーケア用のシャンプーでケアをするとよいでしょう。特に、髪の毛を構成するたんぱく質と同じ成分である、アミノ酸系の成分を配合したものがおすすめ。ヘアカラーをしたあとの髪の毛や頭皮をやさしく洗浄してくれます。カラーケア用のシャンプーは、染めた髪の毛の色持ちをよくする効果も期待できます。

リタッチカラーで極力ダメージを減らす

リタッチカラーとは、伸びてきた髪の毛の根元の部分にだけヘアカラーをすることをいいます。前回と同じ色にしたい場合は、髪の毛全体にヘアカラーをするよりもダメージを軽減することができます。

ヘアマニキュアやヘナカラーを使う

ヘアマニキュアやヘナカラーは、髪の毛の表面だけに染料を付着させるため、ヘアカラーと比べるとキューティクルを傷めにくい方法です。ヘナカラーは、主に熱帯地方に自生するヘナという植物を原料とした染料を使い、草木染めともいわれます。どちらの方法も黒い髪の毛の色を明るくしたり、髪の毛そのものの色を変えたりするものではないので、白髪を染めるのに適しているといわれています。

ヘアカラーをすると少なからず髪の毛や頭皮に負担がかかりますが、ヘアカラーの方法や、そのあとのヘアケアを工夫することでダメージをなるべく抑えることができます。健やかな髪の毛と頭皮を保ち、きれいな髪色を楽しみたいですね。

関連する投稿


美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

美容法|美容と健康にうれしい旬のフルーツをたっぷり食べよう

実りの秋、いろいろな食材が旬を迎えます。特にこの時期は、みずみずしいフルーツが目白押し。フルーツには、肌を若々しく保ったりおなかの調子を整えたり、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。そのまま食べるのはもちろん、ドライフルーツや果実酢などにアレンジして、毎日おいしく味わいたいもの。今回は、旬のフルーツの知られざるパワーと、フルーツを手軽に摂るためのレシピをご紹介します。


ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。


スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

スキンケア|シートマスクを効果的に使ってうるおいに満ちた肌へ

たっぷりと美容成分を含んだシートマスク(フェイスマスク)は、美しい素肌を目指すうえでの強い味方。日々のスキンケアに活用している方は多いことでしょう。とはいえ種類はさまざまで、自分に合ったシートマスクを選ぶのは難しいもの。そこで今回は、肌悩みに応じたシートマスクの選び方や、より効果的に使うためのポイントをご紹介します。


美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。


メイク|ビューラーの正しい使い方 くるんとカールしたまつ毛をつくる

メイク|ビューラーの正しい使い方 くるんとカールしたまつ毛をつくる

ビューラーは、アイメイクで印象的な目元を演出したい時に欠かせないアイテム。上向きにくるんとカールしたまつ毛は、表情を華やかに見せてくれます。しかし、思うようにまつ毛が上がらなかったり、すぐにカールが落ちてしまったりと、お悩みも多いもの。そこで今回は、まつ毛を美しく仕上げるためのビューラーの使い方や、カールを長持ちさせるポイントをご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト