健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。

マスクドライアイとは?

最近、目が乾いたりかすんだりといったトラブルを感じたことはありませんか?さまざまな理由が考えられますが、それはマスクを長時間着けていることによる「マスクドライアイ」の症状かもしれません。

カナダのウォータールー大学の「the Centre for Ocular Research & Education(CORE:目の研究教育センター)」は、マスクの着用による目の状態について研究。マスクがドライアイに関係している可能性があると指摘しています。

そのメカニズムとしては、マスクの上部から呼気が漏れて、目に向かって流れ、その呼気が眼球の表面を乾燥させてしまうというものです。

とはいえ、感染症対策のためにマスクは欠かせません。マスクを正しい方法で使用し、目のケアをしっかりと行うことで、マスクドライアイの予防につながります。

コロナ禍で顕在化したマスクドライアイ

マスクドライアイは、昨今のコロナ禍における生活環境の変化によって顕在化してきたと考えられています。そのため、マスクドライアイという言葉をはじめて聞いた方もいるかもしれません。

マスクを着ける機会の増加

メガネをかけてマスクを着けると、メガネが曇ってしまうことがあります。これは、水蒸気を含んだ呼気がマスクの隙間から漏れ、レンズに付着するためです。マスクドライアイも同じ理屈で起こると考えられ、マスクの上部から漏れ出た呼気によって涙が蒸発し、眼球の表面が乾燥してしまいます。マスクを日常的に着けている環境では、そのリスクが高くなるのです。

テレワークによる目を酷使する機会の増加

在宅勤務が一般化し、自宅でパソコン作業をする時間が増えたことで、目を休める時間が少なくなっていることが指摘されています。画面を長時間見ていると目のまわりの筋肉が緊張し続け、自律神経が交感神経優位になり、涙が出にくくなるそうです。

精神疲労による影響

コロナ禍でストレスや不安感が蓄積することによって、自律神経のバランスが乱れ、涙が分泌されにくくなる可能性があると考えられています。さらに、涙の蒸発を防ぐための、油性の分泌物をつくるマイボーム腺の働きが鈍り、角膜が傷つきやすくなるリスクもあるそうです。

マスクドライアイから目を守ろう

マスクドライアイが心配だからといって、日々の生活でマスクを手放すことはできません。マスクドライアイから目を守るため、次のようなポイントを意識してみましょう。

マスクを正しく装着する

マスクドライアイを防ぐには、サイズの合ったマスクを着用し、鼻のワイヤーをしっかり肌に密着させることが大切。どうしても隙間ができてしまう場合は、市販のノーズパッド(マスクに貼り付けて顔との隙間を埋めるアイテム)を使うのもおすすめです。

こまめに休憩をとって目を休ませる

パソコンやスマートフォンを使う時には、定期的に休憩をとるようにしましょう。目の乾燥が気になったら、目薬でうるおいを補給。蒸しタオルで目のまわりをあたためるのも効果的です。

室内の明るさを工夫する

室内が明るすぎても暗すぎても、眼精疲労の原因になります。見るものの明るさと、部屋の壁の明るさとの差を少なくするのがよいといわれています。室内への太陽光の入り方や照明の明るさを調整して、目が疲れにくくなる工夫をしましょう。

意識的にまばたきをする

涙は眼球の表面を守るバリアのような役割をしてくれるもの。まばたきをすると、涙腺から分泌された涙が眼球の表面に運ばれます。パソコンやスマートフォンの画面に集中していると、まばたきの回数が減って眼球の表面が乾燥し、マスクドライアイにつながりかねません。意識的にまばたきをするようにしましょう。

秋から冬にかけては、外気そのものが乾燥し、暖房によってさらに乾燥しやすい季節になります。肌はもちろん、目の健康にも気を配るようにしましょう。マスクドライアイの症状が気になる場合は、一度眼科医に相談してみてもよいかもしれません。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト