散策|佐渡金山(新潟県) 400年間稼働した、日本最大の金銀山

散策|佐渡金山(新潟県) 400年間稼働した、日本最大の金銀山


日本最大の鉱山跡である佐渡金山は、慶長6年(1601年)開山。採掘中止となった平成元年までの間に約78トンの金と、約2330トンの銀を採掘、産出しました。山頂が真二つに割れた正面の山「道遊の割戸(どうゆうのわりと)」は、人力で掘られた採掘跡。坑内を巡る4コースのうち、2コースは予約なしでまわることができます。

日本最大スケールの金山の内部へ

佐渡金山の坑道の長さは、全部合わせると約400kmにもおよび、これは佐渡から東京までと同じくらいの距離。その一部を観光用に整備して公開しています。

予約なしでまわることのできるコースは江戸時代に掘られた宗太夫坑(そうだゆうこう)コース、明治32年から平成元年まで操業していた道遊坑(どうゆうこう)コースの2つ。どちらも30~40分ほどでまわることができます。江戸幕府の財政を支え続けた金山のスケールを坑内体験で体感してみてください!

在地:新潟県佐渡市下相川1305
見学料金(宗太夫坑コース、道遊坑コースそれぞれ):大人900円、小・中学生450円
2坑道周遊(宗太夫坑コース、道遊坑コース2つセット):大人1400円、小・中学生700円
見学時間:4月~10月 / 8:00~17:30
11月~3月 / 8:30~17:00
休業日:年中無休
*両コースとも予約は不要です。
*終業30分前にはご入場ください。
*車いすの方は道遊坑コースのみ見学可能です。

宗太夫坑コース

宗太夫坑コースは江戸初期から開削された手掘り坑道。当時行われた採鉱の進め方を実物大の人形を用いて再現しており、排水、送風、計測など、当時の採金にかける情熱には驚かされます。

リアルな人形が臨場感のあるセリフを語りながら動く様子は、400年前にタイムスリップしたかのようです。

道遊坑コース

トロッコのレールが続く道遊坑コースは、明治32年に開削され平成元年の操業停止まで使われた近代の坑道です。このコースの途中には、道遊の割戸を間近に見られる絶景ポイントがあります。

トロッコや線路、機械類がそのままの姿で保存されており、佐渡金山の近代化の様子がうかがえます。

道遊の割戸

山頂が真二つに割れた道遊の割戸は、佐渡金山のシンボル的な存在。山頂部の割れ目は幅約30m、深さ約74mにも達します。

開発当初から採掘が行われた最古の鉱区で、道遊鉱脈という脈幅約10mの優良な鉱脈を持つこの場所は、明治時代以降も真下で大規模な開発が行われていました。
金を掘るために人力で山を穿(うが)ったという事実に圧倒される光景です。

金山資料館

第1展示室では、「佐渡金山絵巻」に描かれた江戸時代の佐渡金山の仕事を再現。採掘から製錬、小判に加工されるまでの過程を、500体の精密な人形や模型でわかりやすく紹介しています。

第2展示室では、金の延べ棒を箱から取り出す挑戦ができます。時価6000万円、重さはなんと12.5kg!じかに金の延べ棒に触れられる機会は、金山資料館以外ではなかなかありません。見事取り出せれば記念品がもらえるので、ぜひチャレンジしてみてください!

佐渡金山桜並木ライトアップ

佐渡金山の桜並木は佐渡一の本数を誇り、桜の時期の夜にはライトアップされます。金銀山の開発された独特な建造物の背景と、華やかな夜桜のコラボレーションはなんとも幻想的。一見の価値ありです。

開催場所:佐渡市下相川/佐渡金山第3駐車場周辺
点灯時間:19:00~20:00
料金:無料
開催時期:4月中の一定期間(毎年異なりますので、下記お問い合わせにご確認ください)
問い合わせ先:佐渡観光協会相川案内所 (電話:0259-74-2220)

400年間稼働した佐渡金山は、金を求める人々の思いの強さを目の当たりにできる貴重な史跡。間近で見る道遊の割戸はまさに圧巻です。写真では伝わらない圧倒的なスケールを、ぜひ実際に訪れて感じてみてください。

せたがや日和のおすすめ!


  • 特集 せたがや相談室 第1回「クーラー病とその対策」

最新の投稿





せたがや相談室~夏疲れを癒やす食事や習慣~|第2回「夏バテになりやすい体質とは? 中医学で考える夏バテ対処法」

せたがや相談室~夏疲れを癒やす食事や習慣~|第2回「夏バテになりやすい体質とは? 中医学で考える夏バテ対処法」

体調がイマイチだな、病院に行ったほうがいいのかな?ちょっとした体の不調は、なかなか人には相談できないもの。そこで今回は、薬剤師・国際中医師である中垣亜希子先生を迎え、8月のお悩みテーマ「夏バテ」について、皆さんの質問をもとに、中医学からみた夏バテと健やかに過ごすためのアドバイスをうかがいました。



せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ