健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

テングサやオゴノリなどの海藻類を原料とする寒天。その最大の特徴は、食物繊維の豊富さにあります。寒天は、乾燥状態では100グラムあたり約80グラムもの食物繊維を含み、あらゆる食材のなかでもトップクラスの含有量です。食物繊維は、便秘の予防や改善をはじめとする整腸作用が期待できるほか、胃のなかで水分を吸収してふくらむため腹持ちがよく、食べすぎを防ぐことにもつながります。


テングサやオゴノリなどの海藻類を原料とする寒天。その最大の特徴は、食物繊維の豊富さにあります。寒天は、乾燥状態では100グラムあたり約80グラムもの食物繊維を含み、あらゆる食材のなかでもトップクラスの含有量です。食物繊維は、便秘の予防や改善をはじめとする整腸作用が期待できるほか、胃のなかで水分を吸収してふくらむため腹持ちがよく、食べすぎを防ぐことにもつながります。

便秘の予防や改善、食べすぎ防止にも! 寒天の魅力

寒天は、テングサやオゴノリといった海藻を煮て溶かし、濾過してから凍結・乾燥させて作られます。形状により角寒天、粉寒天、糸寒天などがあります。

寒天は海藻を原材料として作られることから、そのほとんどが食物繊維。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、寒天は両方の特徴を併せ持っています。水溶性の食物繊維は水に溶ける性質があり、便をやわらかくすることで排便をスムーズにすると考えられています。一方、不溶性の食物繊維は水に溶けにくく、水分を吸収してふくらむ性質があります。すると便の量が増えて腸が刺激され、便通が促されるといわれています。

寒天は胃のなかで膨張するので、満腹感が得られます。また、寒天にはカロリーがほとんどなく、上手に食事に取り入れることでダイエットの強い味方になってくれます。寒天は、ヘルシーなうえにあらゆる料理に使える優秀な食材といえるのです。

寒天に豊富な食物繊維は、体にうれしい「第6の栄養素」

食物繊維は、人間の体内で重要な役割を果たすことから「第6の栄養素」といわれることがあります。はじめにご紹介した整腸作用に加え、生活習慣病の予防や改善にも役立つと考えられています。

食物繊維には食後の血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあり、糖尿病のリスクを低下させることが多くの研究によって示されています。また、ナトリウムを体外に排出する働きもあり、高血圧の改善に期待大。さらには、便通が改善されることで腸内の善玉菌が増え、有害物質の排出を助けることから、ガンの予防にもつながると考えられています。

さまざまな健康効果が期待できる食物繊維。厚生労働省が2020年に発表した「日本人の食事摂取基準」では、食物繊維の1日の摂取目標量を、男性21グラム以上、女性18グラム以上と定めています(ともに18歳以上の場合)。しかし実際は、その目標量を満たせていないことが多く、食物繊維が不足しているといわれています。

食物繊維は、水溶性と不溶性をバランスよく摂取する必要があります。そのため、両方をたっぷりと含む寒天を、積極的に食生活に取り入れるのがおすすめです。

寒天を気軽に食生活に取り入れよう

寒天は基本的に無味無臭で扱いも簡単なので、いろいろな料理に活用することができます。スイーツが定番ですが、あたたかい飲み物やごはんなど、さまざまなレシピで楽しんでみましょう。

つるんとおいしいデザートに

寒天で作るゼリーは、ゼラチンを使うよりも少し硬めでプリプリとした食感になります。フルーツや牛乳などお好みの材料と合わせて溶かし、冷やし固めるだけなので、とても簡単にできます。

せたがや自然食品の「かんてん和菓子3種セット」は、しなやかで弾力のある寒天に上品な甘さの黒糖みつを合わせた3種類の和スイーツを楽しめる商品。おやつや食後のデザートにいかがでしょうか。

あたたかい飲み物に混ぜて

コーヒーやココアなどの飲み物に、少量の粉寒天(寒天を粉末状にしたもの)を混ぜるのもおすすめ。100ccに対して、粉寒天1グラム(小さじ2分の1程度)が目安。おみそ汁やスープには、糸寒天を具材としてトッピングするのもいいですね。

ごはんに混ぜて炊く

お米を研ぎ、水加減を少し多めにセット。お米1合あたり1グラムの粉寒天を入れて混ぜ、通常通りに炊飯します。すると、お米にツヤが出てもっちりとした食感に。お米の表面が寒天でコーティングされることで、冷めてもおいしくいただけます。

食物繊維が豊富で、体にうれしいパワーを秘めている寒天。毎日の食生活に気軽に取り入れてみてください。

関連する投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト