健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。

換気が感染症予防につながる理由

新型コロナウイルス・インフルエンザウイルス・風邪は、いずれも「飛沫感染」「マイクロ飛沫(エアロゾル)感染」、それから「接触感染」の3つのルートからかかります(風邪は約90%がウイルスによるもの、残り約10%が細菌によるものとされています)。

このうち、飛沫感染とマイクロ飛沫(エアロゾル)感染は、特に換気が有効です。具体的には以下のようなルートで感染します。

飛沫感染とは

感染した人の咳やくしゃみ、唾液、鼻水など、ウイルスが含まれた「飛沫」を口や鼻から吸い込むことで感染するケース。飛沫は水分を伴っているので重さがありますが、1~2メートルほどの距離まで届きます。人との距離を2メートルおく「ソーシャルディスタンス(※)」が重要とされるのは、このためです。
※WHO世界保健機関では「社会的」の意味を持つ「ソーシャル」は内容に適さないとして、「身体的、物理的距離」を意味する「フィジカル」を用いて「フィジカルディスタンス」と言い換えることを推奨しています。

マイクロ飛沫(エアロゾル)感染とは

マイクロ飛沫は世界的に統一された定義はないのですが、上記の飛沫の水分が蒸発して、軽くなったウイルスだけが空気中を漂っている状態のこと。重さのある飛沫よりも長い間漂うことができ、2メートル以上離れていても届きます。

気温が低く乾燥する冬は、ウイルスにとって好都合な季節です。ウイルスは空気が乾燥すると水分が蒸発して軽くなるので、より長時間空気中を漂うことに……。例えば、湿度40%以下の乾燥した部屋にある風邪のウイルスは、30分間も空気中を漂い続けます。

感染者の咳やくしゃみなどから放出される飛沫は、感染者・非感染者のマスク着用だけでは防ぐことはできません。換気がなされない部屋では、ウイルスは空気中にどんどん漂って充満していくというわけです。この状況を回避するために有効なのが、「換気」なのです。

新型コロナウイルス対応版!効率的な換気対策

石油ファンヒーターやガスファンヒーターなどの暖房器具を使う際は、一酸化炭素中毒を防ぐために、一定時間ごとに換気をすることが求められています。しかし、感染予防という点では、これらを使っていなくてもこまめな換気が望ましいのです。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解では、集団感染が確認された場所には、共通して3つの条件が示されています。

1.換気の悪い密閉空間であった
2.多くの人が密集していた
3.近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われた

※参考:環境省 新型コロナ対策のための換気について

感染症対策に有効な換気の方法

感染症対策としての換気は「1時間に2回以上(30分に1回以上)、数分間程度、窓を全開にする」ことが推奨されています。

しかし、ただやみくもに窓を開けるだけでは、十分な換気ができないことも。短時間で効率的に、部屋全体の空気を入れ換えるためのポイントを、あらかじめ押さえておきましょう。

空気の「出口」と「入り口」を作る

汚れた空気を外に出して、新鮮な空気を取り入れるためには、違う方角に開けている2ヵ所以上の窓や玄関を開けて、空気の「入り口」と「出口」を用意して空気の流れを作ることが重要です。

3ヵ所以上の窓を開けると、より多くの空気の流れができるので、流れから外れて空気がよどんでしまうポイントも少なくなります。引き戸の窓なら、左右両側を少しずつ開けるとより風通しがよくなります。

高低差のある窓は効果的

あたたかい空気は上昇する性質があるため、窓の開いている部分に高低差があると、風が吹いていなくても空気の流れを作ることができます。

サーキュレーター(なければ扇風機)を利用する

こちらは窓がひとつしかない部屋でも有効です。窓を開けて、窓外へ向けてサーキュレーター(もしくは扇風機)を運転させると、空気の循環が促進されるので、室内の空気をすばやく追い出し、もう一方の窓から新鮮な空気を取り入れることができます。サーキュレーターや扇風機は暖房効率をあげますから、換気後も回しておくとよいでしょう。

常時換気設備(24時間換気システム)」や換気扇を常に作動

住宅に組み込まれている常時換気設備※や台所・洗面所の換気扇を常時稼働にして、最小限必要な換気量を確保しましょう。あまり暖を逃がさずに換気できます。
※2003年7月以降に着工された住宅には「常時換気設備(24時間換気システム)」が設置されています。

また、定期的にフィルターの掃除を行う、換気扇の強弱を選べるなら強運転にするなども有効です。これまであまり気にすることがなかったため、吸気口が家具や家電などでふさがれていた、というお家もあります。換気効果が落ちてしまうので、吸気口がどこにあるかもチェックしておきましょう。

暖を逃がしにくい換気のポイント

せっかく部屋があたたまってきたのに、換気したまた寒くなる……そう思って窓を開けるタイミングを逃がしてしまうことがあります。厚生労働省では、「換気で室温変化を抑えるポイント」を解説しているので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

窓開け換気による室温変化を抑えるポイント

・一方窓を少しだけ開けて常時換気をするほうが、室温変化を抑えられます。窓を開ける幅は、居室の温度と相対湿度をこまめに測定しながら調節してください。

・人がいない部屋の窓を開け、廊下を経由して、少しあたたまった状態の新鮮な空気を人のいる部屋に取り入れること(二段階換気)も、室温変化を抑えるのに有効です。

・開けている窓の近くに暖房器具を設置すると、室温の低下を防ぐことができますが、燃えやすいものから距離をあけるなど、火災の予防に注意してください。

※参考:厚生労働省 冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法

換気以外の感染症対策もおさらい

換気以外の感染症対策といえば、「三密を避ける」ことと、「手洗い」「マスク」「咳エチケット」。これらは、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪といった感染症にも有効な対策です。
以下の記事では換気以外の対策について、詳しく解説しています。

手洗いや換気など、データに基づいたさまざまな感染対策の目安が厚生労働省などによって公開されています。その対策をきっちりとできるのがベストですが、できなければ全部がムダということではありません。完璧ではないとしても、「やったほうがよいこと」を積み重ねていくことが大切です。穏やかな気持ちで安心できるよう、これからも感染症対策を心に留めて過ごしましょう。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト