野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。

ビート(ビーツ)ってどんな野菜?

ビートは、砂糖の原料となる甜菜(てんさい)と同じ品種の野菜で、独特の甘みがあります。生のまま食べられますが、加熱することによって甘みがさらに増します。生だとシャキシャキとした歯ざわりを、煮たり焼いたりするとホクホクとした食感を楽しめます。

また、ビートは、ロシアの代表的な煮込み料理「ボルシチ」に欠かせない具材として知られています。ボルシチの真っ赤な色は、ビートの色素によるものです。

ビートに含まれる栄養素として多いのは、血圧の調整に役立つカリウムや、血液を作る働きを持つ鉄や葉酸など。また、ビートの色素はベタシアニンというポリフェノールの一種です。ベタシアニンには強力な抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれるといわれています。ベタシアニンは水溶性の色素で、摂取しすぎると尿が赤くなることがありますが、体に害はないのでご安心を。

ノーベル生理学・医学賞を受賞した、ビートの注目成分「NO(一酸化窒素)」

ビートの栄養素として特に注目が集まっているのが、食べると体内で産生される「NO(一酸化窒素)」です。一酸化窒素は、血管の筋肉をしなやかでやわらかい状態に保ったり、血流をスムーズにしたりするのに役立つため、脳卒中や心筋梗塞などの予防につながると考えられています。さらに、冷え性や肩こりの改善にも効果的だといわれています。

体内における「NO(一酸化窒素)」の働きについて3人の科学者が研究を行い、1998年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。ビートには硝酸塩(NO3)という成分が豊富に含まれ、体内で一酸化窒素に変化します。その健康効果が注目され、ビートはスーパーフードとして知られるようになったのです。

ビートを「生」で食べてみよう

ビートという野菜の存在を知ってはいるものの、実際に食べたことがない方は多いのではないでしょうか。今回はビートそのものの味わいを楽しめる「生」で味わう食べ方をご紹介します。

フルーツや野菜と合わせてスムージーに

きれいに洗ったビートを適当な大きさにカット。水(量はお好みで)と一緒にミキサーで攪拌します。ビートならではの土っぽい風味が気になる場合は、他のフルーツや野菜と組み合わせてみてください。特に、りんごやバナナ、トマトなどと相性がよく、飲みやすく仕上がります。

世田谷自然食品が販売している野菜ジュース「十六種類の野菜」にも、ビートが使用されています。こちらはトマトベースのすっきりとした飲み口で、普段の食生活で不足しがちな野菜を手軽に摂ることができますよ。

薄くスライスしてサラダに

ビートの皮をむいて2ミリ程度の厚さにスライス。オリーブオイル、白ワインビネガーと和えていただきます。お好みでルッコラやクレソンなどの葉物を添えるのもおすすめ。ビートの鮮やかな赤色が葉物の緑色に映え、食欲をそそります。

栄養たっぷりで健康効果が期待できるビート。スーパーマーケットで見かけたらぜひ手に入れて、おいしく味わってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

テングサやオゴノリなどの海藻類を原料とする寒天。その最大の特徴は、食物繊維の豊富さにあります。寒天は、乾燥状態では100グラムあたり約80グラムもの食物繊維を含み、あらゆる食材のなかでもトップクラスの含有量です。食物繊維は、便秘の予防や改善をはじめとする整腸作用が期待できるほか、胃のなかで水分を吸収してふくらむため腹持ちがよく、食べすぎを防ぐことにもつながります。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト