健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。

ボジョレー・ヌーヴォーとは?

そもそもの意味は「ボジョレー地区のブドウで作った新酒」

ボジョレー・ヌーヴォーの「ボジョレー(Beaujolais)」はフランスの地名、そして「ヌーヴォー(Nouveau)」にはフランス語で「新しいもの」という意味があります。
新しいものとは、ここではワインのこと。毎年秋に、フランスのボジョレー地区で収穫されたブドウで造られる赤ワインの新酒をこう呼んでいるのです。

ワインの品質を守るための解禁日が、いつしかお祭りのように

ボジョレー・ヌーヴォーといえば「解禁日のお祭り騒ぎ」を連想する方もいるかもしれませんね。この解禁日、他のお酒ではあまり耳にしませんが、なぜ設けられているかご存じでしょうか。
年代ものが珍重されることも多いワインですが、実はボジョレーのワインは新酒のほうがおいしいのです。ブドウをつぶさずに発酵させる独特の手法で作るため、醸造期間が数ヵ月と短くなっています。しかも早く出せば出すほど売れることから、発酵が十分でないワインが出回らないよう、毎年11月第3木曜日を解禁日と定めたのだそうです。その後、日本でもこの数十年で「解禁日に楽しむ」イベントがすっかり定着してきました。

赤も白も!ワインの栄養

赤ワインには抗酸化作用に優れたポリフェノールがたっぷり

ボジョレー・ヌーヴォーをはじめとする赤ワインには、ブドウに含まれる天然色素、ポリフェノールがたっぷり。ポリフェノールは若々しさを保つ抗酸化作用に優れ、美容や健康にとてもいいとされています。

白ワインには量は少ないが効果に優れたポリフェノールが

ボジョレー・ヌーヴォーは基本的に赤ワインですが、店頭などではボジョレーの近隣で生産された白ワインなど、ボジョレー・ヌーヴォーにちなんだ白ワインが並ぶこともあるようです。白ワインはブドウの品種や製法が違うため、赤ワインほど多くのポリフェノールを含んではいませんが、少なくても優れた効果があるといわれます。

新陳代謝を促したり、腸内環境を整えたりする栄養素も

赤ワインも白ワインも、血行をよくして新陳代謝を促すビタミンやミネラルが豊富に含まれています。また、赤ワインのポリフェノールは善玉菌のエサになり、白ワインに含まれる有機酸は腸内細菌のバランスを整えるなど、腸内環境にも効果が期待できます。

ビールや日本酒より低糖質

果物を原料とするワインは糖分も多いのではないかとつい思ってしまいますが、実はビールや日本酒といったお酒よりも低糖質。ただし、甘い風味のデザートワインなど、種類によっては糖分が追加されている可能性があるので要注意です。ちなみに、最も糖質控えめなのは赤ワインとされていますが、白ワインよりもロゼワインのほうが糖質は多め。色の濃さで……というわけではないようです。

アルコールを気にせず味わう方法も

ホットワインはアルコールが飛ばせて、赤でも白でもおいしい

身体のためにワインを飲んでみたいけれどお酒は苦手という方におすすめなのが、ワインをあたため、アルコールを飛ばして味わうホットワインです。フルーツの甘みやスパイスの香りで飲みやすくなりますし、身体もあたたまるので寒い時期にはぴったり。赤ワインで作るものが知られていますが、白ワインでもおいしくいただけます。

ホットワインについて詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

最近はノンアルコールワインも多彩に

ワインがノンアルコールになったらブドウジュースでは?と思う方もいるかもしれません。ノンアルコールワインは、ブドウを絞ったジュースとはそもそも製法が違います。「発酵させて作る」ワインの製法を踏襲しているのです。アルコールが発生しにくい酵母を選んだり、発酵を途中でやめたり、もしくはでき上がったワインからアルコールを取り除いたりして、発酵しているけれどもアルコールがほとんど含まれないワインになるのです。最近は、ノンアルコールワインも以前より多くの種類が出回っています。

おいしくて身体にもいいワインですが、もちろんアルコールの摂り過ぎには注意が必要です。飲み過ぎは控え、ホットワインやノンアルコールワインも上手に取り入れながら、いいとこ取りでワインを楽しんでくださいね。

関連する投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

テングサやオゴノリなどの海藻類を原料とする寒天。その最大の特徴は、食物繊維の豊富さにあります。寒天は、乾燥状態では100グラムあたり約80グラムもの食物繊維を含み、あらゆる食材のなかでもトップクラスの含有量です。食物繊維は、便秘の予防や改善をはじめとする整腸作用が期待できるほか、胃のなかで水分を吸収してふくらむため腹持ちがよく、食べすぎを防ぐことにもつながります。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト