健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。

秋冬のお部屋、乾燥が大敵な理由

エアコン(暖房)で湿度が下がる理由

「湿度」は空気中に含まれている水蒸気の“割合”を示しています。空気は、温度が高いほど含むことのできる水分量が増えますから、温度だけが上がって水分量が増えないままだと、相対的に湿度は下がってしまいます。
エアコン(暖房)は加湿せずに空気をあたため、「空気の温度だけが上がって水分量が増えない」状況を作りがちなので、湿度を下げてしまうのです。

湿度が低い部屋はハイリスク!

湿度が低い、いわゆる乾燥している部屋は、健康や美容の面でもリスクが高まります。まず目・鼻・喉などの粘膜が乾燥しやすく、ドライアイや喉の痛みなどを引き起こします。また、肌・髪が乾燥してカサカサ・パサパサしやすく、ひどいとかゆみにつながることも。さらに風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルスなどの病原菌は乾燥状態を好むため、湿度が低いと長く空気中にとどまり、人の体内に取り込まれやすくなるのです。

湿度のある部屋は、体感温度も上がって過ごしやすい

心地よいと感じる部屋環境は、室温と湿度のバランスが重要

湿度は低すぎると先ほどのようなリスクやデメリットがありますが、もちろん高すぎても、ジメジメして不快になる、カビが生えやすくなるなどのデメリットがあります。また、エアコンで湿度が下がっている部屋を加湿しすぎると、空気が水分を含み切れず飽和させてしまい、結露発生にもつながります。
重要なのは室温と空気中の水分量のバランスを取り、快適な湿度を保つこと。低すぎず高すぎない、快適な湿度はおおむね50%~60%程度だといわれます。

湿度が保たれていれば、温度が低めでも快適に過ごせる

湿度の高低は体感温度にも大きく影響します。夏、同じくらいの温度でも、湿度が低めのカラッとした空間の方がより涼しく感じたことはないでしょうか。
冬は逆に、湿度高めの空間の方が体感温度も上がり、暖かく感じられるのです。つまり、快適な湿度を保てていれば、エアコン(暖房)の設定温度を上げすぎたり、使用時間が長引いたりすることもなく、電気代の節約にもつながります。

エアコン(暖房)の効いている部屋の湿度を上げる5つの工夫

加湿器を用意する

部屋全体を加湿するような大型機でなくても、工夫次第で快適に過ごせます。机に向かう手元に1人用の小型加湿器をおいたり、インテリア代わりに電気を使わないタイプの加湿器をおいたりすることで、必要な場所をピンポイントに加湿できます。

加湿に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

サーキュレーターを回す

暖房の設定温度が高いまま長時間運転させていると、空気もより乾燥しやすくなります。サーキュレーターで室内の空気を循環させると、暖房効率が上がりますから、低めの設定温度でも快適に過ごせます。

マスクをして寝る

鼻・喉に特化した対策ですが、マスクをして就寝すると、鼻や喉から水分が蒸発しにくくなります。唇の乾燥防止にもなりますし、特に就寝中に口を開けてしまう習慣のある方は、口中の乾燥も防げるのでおすすめです。

洗濯物を室内に干す

濡れた洗濯物を室内に干すことで、洗濯物から出た水分が空気に取り込まれ、湿度が高まります。エアコンの風が当たりやすい場所に干したり、サーキュレーターの風を洗濯物に当てたりすることで、部屋全体を快適な湿度に保ちやすくなります。

お湯を沸かす

石油ストーブの上にやかんをおいてお湯を沸かす習慣には、実はやかんから出る水蒸気で部屋を加湿する役割もあるのです。オープンキッチンのリビングなどでは短時間で効果が出やすい方法ですが、水蒸気が出過ぎて周囲が湿っぽくなったり、長時間火にかけすぎて空焚きしたりしないように注意しましょう。
お風呂と暖房中の部屋が近い場合は入浴後のお風呂を開け放ったり、リビングダイニングの場合はカセットコンロで加熱しながら鍋料理を楽しんだりする方法もおすすめです。

冬、暖房中の部屋を換気するのは「よどんだ空気を入れ替える」ためだと思われがち。しかし実は「外から水分量の多い空気を取り入れ、快適な湿度を保つ」役目もあるのです。適切な換気や加湿を習慣づけることで、寒い季節も快適かつ健やかに過ごしましょう。

関連する投稿


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

健康習慣|「換気対策」で感染症のまん延を防ごう!

新型コロナウイルス感染症の対策のひとつとして広く知られるところとなった「換気」。窓を開けると暖が逃げてしまうので、寒くなるとどうしても怠りがちです。この記事では、環境省や厚生労働省が示しているコロナ禍での換気方法や、その重要性をご紹介します。


健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

健康習慣|「菌活×きのこ」で腸を元気に 不調に負けない身体づくり

「菌活」とは、乳酸菌や酵母菌などの身体にいい菌を食べて、腸内にいる菌(善玉菌)を育てることで腸内環境を整える習慣のこと。腸内環境が整えば、スムーズなお通じや美肌など、うれしい効果が期待できます。今回は、ヒトの免疫機能の約7割を担っているといわれる、腸を整える習慣「菌活」をご紹介します。


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト