健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。

たらの子とは?

たらの子とは、マダラの卵巣です。たらの子はたらこと混同されがちですが、たらこはスケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものという違いがあります。たらの子はたらこよりもサイズが大きくて食べごたえがあり、プチプチとした食感が楽しめます。

タラといえばマダラの方が一般的な北陸地方では、たらの子は「真たらこ」または「真子(まこ)」とも呼ばれます。たらの子がよく食べられる石川県では、たらの子と区別するために一般的なたらこを「もみじこ」と呼んでいるそうで、旬を迎える12月上旬~2月下旬になると市場やスーパーにたらの子が並びます。北海道や青森にもたらの子を使った郷土料理があり、青森ではたらの子料理が冬の家庭料理の1つで、お正月のごちそうにもなっています。

たらの子を含む魚卵は、痛風の原因とされる「プリン体」を多く含むといわれます。そのため魚卵を控えている方も多いかもしれませんが、魚卵には魚からしか摂取できない脳機能向上に効果があるとされる「DHA」や血栓予防効果が期待できる「EPA」をはじめ、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれています。つまり、魚卵は必ずしも健康に悪いものではなく、さまざまな栄養を摂取できる食べ物なのです。

たらの子の食べ方

たらこよりも大きくて食べごたえがあるたらの子は、冬に旬を迎えます。調理して食べるのが一般的で、北陸地方では煮物として食べられることが多い食材です。石川県で郷土料理の定番となっているのが、マダラの身を一緒に使った「たらの子つけ」。昆布で締めてそぎ切りにしたマダラの身と大根やにんじんなどの根菜に、醤油で炒り煮したたらの子をまぶした料理で、梅干しを入れた純米酒を煮立たせて濾した「いり酒」を添えていただきます。

北海道では、「子和え」という料理でたらの子が使われます。つきこんにゃくや長ねぎをたらの子と一緒に醤油と砂糖、みりんで煮込む料理です。また、青森のお正月のごちそう料理となっているのが、「たらの子和え」。北海道の料理と名称が似ていますが、にんじんと高野豆腐、糸こんにゃくとたらの子を炒めてから酒で煮る料理で、具材や調理方法が異なります。

これらの郷土料理に限らず、たらの子は醤油や酒、みりんと煮込むシンプルな調理法でも簡単においしく味わえます。

市販品でも味わえるたらの子

たらの子を生の状態から調理するのは大変、という方は、市販の加工品から試してみてはいかがでしょうか。北陸地方で販売されている「たらの子の缶詰」は、甘めの醤油で煮たたらの子がそのまま缶詰になったものです。そのままでももちろん、紅生姜や卵黄などと一緒にごはんに乗せても楽しめます。その他にも、たらの子の加工品は醤油漬けや唐辛子漬けにしたものも販売されています。

世田谷自然食品でも、手軽にたらの子を楽しめる缶詰の「たらの子味付け」を取り扱っています。プチプチとした食感と、甘辛い味付けがくせになるので、ぜひ試してみてくださいね。

これから旬を迎えるたらの子。地域によってはあまり馴染みのない食材かもしれませんが、各地の郷土料理を参考に、さまざまなレシピで旬の食材を楽しんでみましょう。

関連する投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

健康メニュー|ワインのお祭り!「ボジョレー・ヌーヴォー」

秋が深まってくると、酒屋さんやお酒コーナーでよく見かけるのが「ボジョレー・ヌーヴォー」。その年の新酒ということは分かるけれど、なぜこれほど盛り上がるのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、ワインのお祭りともいえるボジョレー・ヌーヴォーや、ワインの栄養などについてご紹介します。


野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

健康メニュー|「寒天」便秘や食べすぎの予防に、ノンカロリーの優秀食材

テングサやオゴノリなどの海藻類を原料とする寒天。その最大の特徴は、食物繊維の豊富さにあります。寒天は、乾燥状態では100グラムあたり約80グラムもの食物繊維を含み、あらゆる食材のなかでもトップクラスの含有量です。食物繊維は、便秘の予防や改善をはじめとする整腸作用が期待できるほか、胃のなかで水分を吸収してふくらむため腹持ちがよく、食べすぎを防ぐことにもつながります。


最新の投稿


健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

健康法|カビまで拡散しないために! 加湿器のお手入れ方法

水を入れて長時間使用する加湿器は、実は雑菌やカビが発生しやすい家電です。汚れたまま使うと、蒸気と一緒にカビも散布することになり、ひどい場合には健康を害することも。加湿器を快適に使うために、本記事では加湿器のお手入れ方法をご紹介します。


健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

健康メニュー|たらことは別物?「たらの子」

ごはんのお供としてよく食べられる薄紅色のスケトウダラの卵巣「たらこ」は、おにぎりやパスタソースの具材としても広く親しまれています。そんなたらことよく似た「たらの子」は、あまり馴染みがなく、食べたことがないという方も多いかもしれません。そこで今回は、たらの子の栄養や食べ方についてご紹介します。


健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

健康メニュー|甘くておいしい日本の洋食「ハヤシライス」

煮込んだ牛肉やタマネギなどの具材をごはんにかけた「ハヤシライス」は、辛味がなくて食べやすいので、老若男女問わず幅広い世代に愛されている、洋食を代表するメニューです。今回は、そんなハヤシライスの歴史と、さらにおいしく食べられるアレンジ方法をご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト