健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

健康メニュー|たまごスープを毎日楽しむ 味を変え・具材を変えて

手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。


手軽で栄養にも優れているけれど、味付けや具材などがマンネリ化しがちなたまごスープ。実は、ちょっとしたアイディアで、味も具材もバリエーションが広がるメニューなのです。今回は、たまごスープの栄養や、おすすめの味付け・具材についてご紹介します。

毎日食べたい「たまごスープ」

良質なたんぱく質を毎日摂れる

卵のたんぱく質には、体に必要なアミノ酸全てがバランスよく含まれています。体力の衰えを防ぐには、筋肉の素となるたんぱく質が欠かせません。たんぱく質は年齢とともに不足しがちな栄養素でもあることから、習慣的に摂ることがすすめられています。

相性のよい具材が多く、栄養も逃しにくい

卵を摂るならゆで卵や目玉焼きでもよいのですが、スープに仕立てることで野菜など、ほかの食材も一緒に摂れます。卵自体にくせがなく、相性のよい具材が多いのも特徴です。また、野菜は加熱したりゆでたりするとビタミンCが失われがちですが、スープなら野菜から流れ出たビタミンCも逃しません。

かきたまは体にもやさしい食べ方

生卵やゆで卵に比べて、半熟卵やスープの定番「かきたま」は消化吸収がよいとされています。なかでもかきたまはしっかり火を通すので、生や半熟と比べて細菌などの心配も減らせて、より体によい食べ方といえるでしょう。

味を変え・具材を変えてたまごスープを習慣に

定番のネギとわかめを、減塩効果も期待できる和風だしと一緒に

たまごスープの定番といえばネギとわかめを加えた中華味ですが、和風のだし味もよく合います。かつお、昆布、椎茸と複数のだしを組み合わせれば、うま味が増すので減塩してもおいしくなりますし、腹持ちをよくしたり、体をあたためたりする効果も期待できます。
ネギとわかめも和風だしに合うだけでなく栄養たっぷり!特にネギは免疫力をアップさせるはたらきがありますから、風邪が心配な時などにはもってこいです。わかめも食物繊維が豊富で、おなかを整えてくれます。

だしやネギについては、下記の記事も参考にしてみてください。

中華味は、食感に個性のある具材で栄養も歯ごたえもアップ

スープを定番の鶏だし中華味にするなら、具材の食感にこだわってみましょう。ごまは噛むと香りがよいのに加えて、血液をサラサラにするといわれる不飽和脂肪酸が豊富です。シャキシャキした歯ごたえが楽しいチンゲン菜はβカロテンが多く、若々しさを保つ抗酸化作用や免疫力アップが期待できます。きくらげには骨や筋肉を健やかにするビタミンDがたっぷり。これも年齢とともに不足しがちな栄養素なので、卵と同じく意識して摂りたいところです。

トマト味で大胆アレンジ!洋風メニューにも合わせやすい

卵とトマトの炒め物は中華料理の定番ですが、スープにするならチキンコンソメ味で、彩りも鮮やかなホウレンソウを加えて仕立ててみましょう。卵が合うのはもちろん、洋風メニューにもぴったりの一品になりますよ。トマトは抗酸化作用に優れたリコピンに加えて、ビタミン類も豊富。ホウレンソウは血液を健やかにする鉄分を多く含んでいますが、卵のたんぱく質は鉄分の吸収も促しますから、栄養面でも相性抜群なのです。

トマトについては、下記の記事も参考にしてみてください。

お子さんにも人気のカレー味はスパイスの健康効果に期待

卵はもちろんのこと、どんな具材も合わせやすいカレー味。かきたまでまろやかになったスープはお子さんにもおすすめです。カレーのスパイスにも、疲労回復、消化促進、冷え性対策、免疫力アップなどのさまざまな効果が期待できます。カレールーではなく、カレー粉+だしで味付けすると、油脂や塩分を減らせてよりヘルシーです。

朝食パン派にもおすすめ、カルシウムたっぷりのミルクコンソメ味

牛乳は骨を健やかにするカルシウムも豊富ですし、実は良質なたんぱく質もたっぷり。牛乳を使うことで、パン食にも合わせやすくなります。具材を選ばない味ですが、青菜を入れるとビタミンCや食物繊維を補えますし、彩りもよくなりますよ。

だしを取ったり、具材の下ごしらえをしたりといった時間が取れない時には、市販のスープを試してみるのも手です。毎日いろいろな味のたまごスープを楽しめるのが、世田谷自然食品の「自然のうまみ たまごスープ」。この記事でもご紹介した和風だし、鶏だし中華、完熟トマトの3種類の味が揃っているので、料理や気分に合わせてたまごスープを選びながら続けられます。忙しい毎日、体もあたたまるたまごスープで健やかに過ごしてくださいね。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト