おみそ汁|身体ポカポカ! 冬のおみそ汁3選

おみそ汁|身体ポカポカ! 冬のおみそ汁3選

体が冷えがちな冬は、あたたかい食べ物で内側からあたたまりたいものです。体をポカポカにしてくれる代表的なメニューといえば、「おみそ汁」。今回は、日本全国のさまざまなおみそ汁のなかから、冬におすすめの3種類のおみそ汁をご紹介します。


体が冷えがちな冬は、あたたかい食べ物で内側からあたたまりたいものです。体をポカポカにしてくれる代表的なメニューといえば、「おみそ汁」。今回は、日本全国のさまざまなおみそ汁のなかから、冬におすすめの3種類のおみそ汁をご紹介します。

「めった汁」さつまいも入りで具だくさん

「めった汁」は石川県の郷土料理。ごぼうやにんじんなどの野菜と豚肉が入っためった汁は、一見豚汁と似ていますが、大きく異なるのはさつまいもが入っている点です。さつまいもは豚肉とともに、めった汁には欠かせない具ですが、野菜や味付けは各家庭によって違うのだそう。石川県の伝統野菜「加賀野菜」のひとつであるさつまいも「五郎島金時」を使ってみてもおいしそうですよね。

現在も、石川県では大鍋でめった汁をふるまったり地域行事で出したりすることがあり、地域に密着した郷土料理として親しまれています。以下の記事では、具だくさんの郷土料理めった汁について紹介しています。

「粕汁」酒粕のおかげで体中ポカポカ

酒粕と具材を煮込んで作る「粕汁」。特に、京都や奈良を中心とした関西地方でよく食べられる料理として知られます。その発祥は定かではありませんが、奈良が固形酒粕の発祥の地であること、京都に造り酒屋が多いことから、関西発祥の家庭料理という説が有力です。

粕汁は、今では日本全国で食べられている家庭料理ですが、地域によって使われる具材や作り方が異なります。一般的な粕汁は、大根やにんじんなどの根菜類に、サケやブリなどの「あら」を使います。しかし京都では魚ではなく豚肉を使い、味噌を加えずに、お吸い物に酒粕を加えて仕上げるのが特徴です。

酒粕の血管を拡張する作用により、粕汁は体をポカポカあたためてくれる効果が期待できます。また、新陳代謝も活発にしてくれるので、美肌効果も期待できるといわれているんですよ。

粕汁については、以下の記事も参考にしてみてください。

「きのこ汁」いろんなきのこのうま味が一椀に

しめじやえのき、マイタケなどのきのこは、おみそ汁の具材としてよく使われます。種類によって異なる味わいを持つきのこは、一種類だけでもおいしく味わえるのはもちろん、複数のきのこを使えば凝縮されたうま味が一度に楽しめる、栄養たっぷりの一椀になります。

きのこは味噌と相性がよいだけでなく、栄養を摂取しやすい具材。水溶性ビタミンとミネラルを多く含んでいて、おみそ汁なら、ゆでると溶け出してしまう栄養素も逃さず摂れるので、きのこの栄養素を効率的に摂取できる料理といえます。

きのこに含まれる水溶性ビタミンには、疲労回復や脳の活性化を助ける「ビタミンB1」や「ビタミンB2」、血行促進や皮膚・粘膜の生成に関わる「ナイアシン」、高血圧予防につながる「カリウム」などがあります。きのこを使ったおみそ汁でうま味を楽しむとともに、豊富な栄養素も摂取してみてはいかがでしょうか。

時間がなくても具だくさん! フリーズドライのおみそ汁

具だくさんのおみそ汁を作るのは、手間と時間がかかるもの。時間がない時はフリーズドライのおみそ汁を試してみては? 世田谷自然食品の「具だくさん汁3種セット」なら、お湯を注ぐだけできのこを使ったおみそ汁を手軽に楽しめます。

寒い季節に体をあたためてくれるおみそ汁。さまざまな種類のおみそ汁を味わって、たっぷり栄養を摂取しながら健康に冬を乗り切りましょう。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト