健康習慣|冬至を楽しむための食べ物と習慣

健康習慣|冬至を楽しむための食べ物と習慣

二十四節気のひとつである「冬至」。冬至は、1年のうち太陽が出ている時間がもっとも短く、夜がもっとも長くなる日です。日付は毎年前後しますが、12月21~22日頃にあたります。今回は、冬至の意味や由来とともに、かぼちゃを食べる習慣やゆず湯に入る風習について解説します。


二十四節気のひとつである「冬至」。冬至は、1年のうち太陽が出ている時間がもっとも短く、夜がもっとも長くなる日です。日付は毎年前後しますが、12月21~22日頃にあたります。今回は、冬至の意味や由来とともに、かぼちゃを食べる習慣やゆず湯に入る風習について解説します。

冬至とは?

季節の変化を示すものとして古くから使われてきた二十四節気。そのうち冬至の日は、太陽が冬至点を通過する時のことで、北半球では1年のうちで昼が1番短く、夜が1番長くなります。また、冬至を境にだんだん日が長くなることから、冬が終わって春がやってくること、凶事が去って吉事が訪れることなどを意味する「一陽来復」に通じると考えられています。日本だけではなく世界各地でも、冬至は太陽が生まれ変わる日としてとらえられ、古くから盛大な祝祭が行われていたようです。

冬至を楽しむための食べ物あれこれ

冬至に食べると縁起がよいとされる食べ物があります。その代表的なものが、かぼちゃと小豆です。地域によってはこんにゃくを食べることもあります。

無病息災と金運上昇を祈願して食べる「かぼちゃ」

冬至は運気が上昇する転機となる日であるため、「運」を呼び込むために名前に「ん」が付く食べ物を食べるとよいといわれてきました。かぼちゃは「なんきん」とも呼ばれ、長く保存できるうえに栄養価が高いことから、無病息災を祈って食べられるようになったという説があります。また、かぼちゃは実が黄金色で、金運上昇を願う意味合いもあるようです。

冬至にかぼちゃを食べる理由や栄養価については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。あわせて参考にしてみてください。

邪気を払うために食べる「小豆」

中国では古くから、小豆の赤い色は厄除けの色とされていました。冬至に小豆を食べる習慣が日本に伝わり、おかゆに小豆を加えた「小豆粥」は冬至の縁起物になっています。かぼちゃと小豆を一緒に煮た「いとこ煮」もよく食べられているようです。

冬至を楽しむための習慣「ゆず湯」

冬至といえば、ゆずを湯船に浮かべた「ゆず湯」を思い浮かべるかもしれませんが、その理由をご存じでしょうか。実は、「冬至」と「湯治」(お湯に浸かって健康になる)、「ゆず」と「融通」(ものごとがうまく運ぶ)をかけた2つの語呂合わせに由来するそう。江戸時代、銭湯がお客さんを呼び込むためにゆず湯を行ったのがはじまりだと伝わっています。

冬至の日にゆず湯に入ると、風邪予防につながるといわれています。ゆずの爽やかな香りは心も身体も癒やしてくれるうえに、免疫力アップや消化促進などの効果も期待できます。さらに、ゆずの果皮に含まれる香りの成分・リモネンには、血行をよくするはたらきもあり、冷えの改善にも役立ちます。

ゆず湯のやり方や入る時のポイントについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。あわせて参考にしてみてください。

かぼちゃを食べて栄養をチャージしたら、ゆず湯に浸かってリラックス。寒い冬を元気に乗り切るために考えられた、古くから伝わる風習を大切にしたいものです。今年の冬至は、先人たちの知恵に思いを馳せながら無病息災を願う1日にしてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康習慣|七草粥はなぜおかゆ?冬の体にやさしい食事

健康習慣|七草粥はなぜおかゆ?冬の体にやさしい食事

1月7日は七草粥を食べる日として知られていますが、なぜおかゆを食べるのかご存じでしょうか?1月7日は日本の五節句のうち「人日(じんじつ)の節句」にあたり、季節の変わり目に無病息災や五穀豊穣などを願う日とされています。そこで今回は、1月7日に七草粥を食べる習慣について解説。寒さが厳しい冬にこそ食べたい、体にやさしい食事についてもご紹介します。


健康法|お家も心もスッキリ! 大掃除のコツ

健康法|お家も心もスッキリ! 大掃除のコツ

新年を気持ちよく迎えるための年末の大掃除ですが、掃除が苦手だったり面倒に感じたりしている方は多いのではないでしょうか。掃除をするとお家がスッキリするだけでなく、精神安定効果やフィットネス効果もあると知れば、きっと重い腰も上がるはず。大掃除の効果や、やる気スイッチが入る大掃除のコツをご紹介します。


健康法|かかとのひび割れ その原因と対処法を知ろう

健康法|かかとのひび割れ その原因と対処法を知ろう

かかとのひび割れは、冬場に起こりやすい肌トラブルのひとつ。放っておくと、歩く時に痛みが出たり、痛い足をかばうことでひざに負担がかかったりすることがあります。そこで今回は、かかとのひび割れが起こる原因と、自分でできる対処法をご紹介します。


健康習慣|冷え性を改善して冬を快適に 読み返したい記事まとめ

健康習慣|冷え性を改善して冬を快適に 読み返したい記事まとめ

本格的な冬が到来し、寒さが身にしみる季節になりました。この時期、特に気になる体の症状といえば「冷え性」ではないでしょうか。そこで今回は、過去にご紹介した冷え性に関する記事のなかから、特に読み返していただきたいものをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト