健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。


シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。

肉入りのクリームシチューにおすすめの「ちょい足し」

クリームシチューの基本的な具といえば鶏肉。鶏肉入りのクリームシチューと相性がいいのはチーズで、何か物足りない味という時は、チーズを加えるだけでコクがアップして濃厚に仕上がります。加える量の目安は、シチュー2~3人前に対して、6ピースのチーズだと3個分程度です。粉チーズやカマンベールなどを使ってみてもよいでしょう。

チーズとともにシチューにコクをプラスしてくれるのが、豆乳です。豆乳は牛乳の代用品として使用されるほど、クリームシチューのベースである牛乳と相性がいいので、豆乳とミックスして調理すると牛乳のうま味と豆乳のコクがマッチします。さらに、牛乳のカルシウムと豆乳の栄養素を同時に摂取できるので、いつもの栄養満点のメニューになりますよ。

シチューの定番の隠し味ともいえるコンソメも、肉入りシチューにおすすめの調味料。水を加える際にコンソメと一緒に煮込むと、クセが少なく、マイルドな味わいになるので子どもでも食べやすくなります。また、食卓の定番調味料であるしょうゆも、実はクリームシチューと相性がいい調味料です。量が多すぎると味のバランスが悪くなるため、仕上げに少量加えるといいでしょう。

具材の風味をアップさせたい時は、にんにくと一緒に炒めましょう。少しの量のにんにくを加えるだけで、具材に香ばしさが加わります。隠し味としてのにんにくは香りが強くなりすぎないよう、ほんの少量加えて炒めるのがポイントです。

魚を使ったクリームシチューにおすすめの「ちょい足し」

魚のシチューも、寒い時期に食べたくなる1皿です。定番の鮭を使ったクリームシチューのちょい足しにおすすめなのが、生姜。ピリっとした辛さとともに体をあたためる作用もあるので、より体をポカポカにしてくれるちょい足し調味料です。

魚を使ったシチューの風味をアレンジしてくれる、意外な調味料が和食に使われるだし汁です。シチューに溶け込んだ魚や野菜のうま味と和風だしで、風味がワンランクアップします。だし汁は具材を煮込む時に水と一緒に加えましょう。顆粒だしなら、4人分でスティック1本分が適量です。

鮭のシチューには、鮭と相性抜群の味噌もおすすめ。牛乳200ミリリットル、水100ミリリットルに対して味噌を大さじ2杯分加えると、味噌のコクいっぱいの濃厚な鮭シチューになります。

クリームシチューに入れたい おいしい出汁を出す食材

ウインナーやベーコンなどの肉加工品

おいしい出汁が加わる食材をシチューの具材として使うと、普通のレシピでもクリームシチューがさらにおいしくなります。特におすすめなのが、ウインナーやベーコンなどの肉加工品。どちらもシチューの具として味わえるだけではなく、おいしい出汁が出るので、肉のうま味と塩気が加わってシチューそのものの風味もアップします。ウインナーはカットして2本ほど入れると、おいしい出汁が出ます。ベーコンは、できれば厚切りかブロックをダイス状にカットしたものを120グラムほど加えて使いましょう。(※いずれも2~3人前に入れる目安です)

骨付きチキンは味わいと食べごたえがアップ

また、シチューの具の定番である鶏肉も、あえて骨付きチキンを選ぶと骨からおいしい出汁が出て風味がアップします。食べごたえのある、ボリューミーなシチューにしたい時にもおすすめ。じっくりと煮込むと肉がホロホロになり、出汁も加わった味わい深いシチューができあがります。骨付きチキンはそのまま煮込むと臭みが出ることがあるので、下ゆでをしてから調理するのがポイントです。

世田谷自然食品でも、手軽に味わえるレトルトタイプの「シチュー2種セット」を販売しています。レトルトシチューに今回紹介したちょい足し具材を加えてアレンジしても、おいしく楽しめますよ。

さらに、シチューの食べ方や栄養については、こちらの記事もチェックしてみてください。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト