健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。

冷凍ご飯と卵で! 基本の卵雑炊

雑炊の基本といえば、卵雑炊。炊いて冷凍したご飯から作れるので、忙しい時や体調がイマイチな時でもサッと作って食べられます。あっさりとしているので、おかずや漬物など好みの1品と一緒に食べるのもおすすめです。

基本の卵雑炊の作り方は、とてもシンプルです。

1.水と和風だしを火にかけて沸騰させる
2.ご飯を入れ、沸騰したら蓋をして弱火にする
3.約20分煮て溶き卵を回し入れ、火が通ったら塩を少量加えて軽く混ぜる

ご飯は冷凍したままでも、解凍してから火にかけてもOKです。溶き卵を加える際は、いったん火を強めてからゆっくりと回し入れると、ふんわりと仕上がります。

電子レンジを活用して時短雑炊

具だくさんの雑炊にしたい場合は、好みの肉や野菜を加えてみましょう。しかし、肉や野菜は雑炊に加える前に、火を通すひと手間が必要なことも。そんな手間を省いて時短調理をするためには、電子レンジを活用しましょう。にんじんや大根など、火を通すのに時間がかかりがちな根菜も、電子レンジで熱を加えれば簡単に下ゆでができます。

まず、大根は皮をむいて小さく切っておきます。にんじんも好みの大きさに切ってから、耐熱皿に並べて水を加えます。600Wの電子レンジで大根は6分ほど、にんじんは2分ほどそれぞれ加熱すると柔らかくなり、そのまま雑炊に加えられます。

電子レンジで加熱して柔らかくした根菜を鶏肉やご飯と一緒に煮込めば、野菜のうま味が加わった味わい深い雑炊ができあがります。

身体が喜ぶ薬膳食材を雑炊にプラス

「薬膳」とは、その日の体調や体質に合わせて食材を組み合わせる料理のこと。薬膳に使用される食材は、特別なものではありません。薬膳には、全ての食材には薬効があるという「薬食同源」という考え方があるので、普段よく食べるスーパーで簡単に手に入る食材も薬膳に使用できます。薬膳では、全ての食材は身体をあたためたり冷やしたりする作用などを持つとされており、薬膳の食材を雑炊に加えれば、身体が喜ぶ効果が期待できます。

例えば、ネギは血の巡りをよくするといわれる「温」の食材です。身体をあたためるので、冷えが原因の頭痛や腹痛などの改善や、風邪の予防にもいいとされています。鶏肉もネギと同じ「温」の食材で、おなかをあたためる効果が期待できます。鶏肉は消化がいいので、胃にやさしいのも特徴です。

このような薬膳の食材を雑炊に加えれば、より身体をあたためられるうえに、さまざまな身体の不調改善にも期待ができます。

お湯さえあればOK! フリーズドライの雑炊

シンプルな具材のみの雑炊なら、すぐに作れるものも多いですが、それすらも面倒、または体調がすぐれない場合におすすめなのが、フリーズドライの雑炊です。世田谷自然食品では、お湯を注ぐだけで雑炊が味わえる「雑炊3種セット」を販売しています。フリーズドライなので、お湯を注ぐだけでお椀1杯分の紅鮭、フグ、カニの、3種類の魚介の雑炊が手軽に楽しめます。

食欲がない時や体調がよくない時、胃に負担をかけたくない時でも消化がよく食べやすい雑炊は、具材を工夫するだけでプラスアルファの栄養や薬膳の効果を取り込めるメニューです。好みの具材を取り入れて、おいしく健康的な雑炊を味わってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト