健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。

カラダも心もうれしい「ホット豆乳」

美容や健康にさまざまな効果が期待できる豆乳。日常的に飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。たいていの場合、豆乳はそのまま冷蔵庫から取り出して冷えた状態で飲みますが、寒い時期は体をあたためてくれるホット豆乳として楽しんでみましょう。

ホット豆乳の作り方はとても簡単。マグカップに入れた豆乳を500Wの電子レンジで1分50秒加熱するだけです。あたためた豆乳は胃にやさしく、体を内側からあたためてくれます。また、豆乳はカフェインが含まれていないので、夕方以降にコーヒー代わりとして飲むのもおすすめです。

豆乳の栄養

豆乳に含まれる栄養素の代表が、植物性の「大豆たんぱく質」です。大豆たんぱく質は水溶性で、加工しても豆乳に残るため、しっかりと大豆たんぱく質を摂ることができます。また、豆乳には女性ホルモンのような働きを持つ「大豆イソフラボン」も含まれています。年齢とともに減少していく女性ホルモンを補い、ホルモン不足によるさまざまな疾患予防に効果が期待できます。さらに、豆乳には抗酸化作用を持つ「サポニン」や、脂肪を燃焼する働きを持ち「やせホルモン」としても知られる、「アディポネクチン」などの栄養素も含んでいます。

これだけ健康にいい効果が期待できる豆乳は、できるだけたくさん飲んでおきたいと思うかもしれません。だからといって、何でも摂りすぎはよくありません。豆乳に限らず、他の飲み物や食事とのバランスを考慮しながら飲みましょう。豆乳の1日あたりの摂取目安量は200mlを1~3本程度なので、健康のために豆乳を飲むのであれば、この目安量を守るのがポイントです。

豆乳の栄養や摂取目安量について詳しくは、以下のリンクを参照ください。

「ちょい足し」でもっとおいしく

豆乳はそのまま飲んでもおいしく味わえますが、ずっと同じ味を飲んでいると飽きがくるもの。そんな時は「ちょい足し」でアレンジをしてみると、いつもと違った味わいで楽しく続けられますよ。

ホット豆乳に加えるだけのシンプルアレンジ

豆乳に甘さを加えたい時におすすめなのがホワイトチョコ。あたためた豆乳にホワイトチョコを加えると、やさしい甘さがおいしい豆乳になります。チョコだけでなく、ほうじ茶の茶葉を加えてみても違った味が楽しめます。豆乳200mlに対して、ほうじ茶を小さじ1杯半ほどプラスすれば、ほうじ茶の香ばしさが味わえる豆乳に。甘さを抑えたい時は、塩昆布やコンソメを加えてみましょう。豆乳のまろやかさと塩昆布やコンソメのうま味がマッチした、スープ感覚で飲める豆乳ができあがります。

牛乳やコーヒーを加えて楽しむ

豆乳だけだと飲みにくい場合は、豆乳と牛乳を混ぜると、両方の栄養を効果的に摂取できて、おいしく飲み続けられます。ホットで飲む場合は、豆乳と牛乳を混ぜて電子レンジであたためましょう。牛乳をミックスしたホット豆乳にコーヒーと練り黒ごまを混ぜれば、ごまがふんわりと香る黒ごま豆乳ラテに。また、豆乳と牛乳を鍋であたため、お湯で溶いた抹茶と砂糖を加えると、手作りのホット抹茶豆乳ラテが楽しめます。

豆乳はそのままあたためるだけでも、ちょい足しでアレンジを加えてもおいしく、しかも豊富な栄養を摂取できる飲み物です。世田谷自然食品では、一般的な豆乳では取り除かれる「おから」を使用した、豆乳以上の栄養素が詰まった「まるごと飲む大豆」を扱っています。大豆の栄養を手軽に味わう方法として、ホット豆乳とともに試してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

健康メニュー|胃腸をいたわる「雑炊」 レシピやおすすめの具材

卵や野菜、ご飯を出汁で煮込んだ「雑炊」は、食欲がない時でも胃腸にやさしく食べられる、代表的な消化のいいメニューです。つい食べすぎてしまったあとの胃をいたわるのにもよく、比較的カロリーが低いのでダイエット中の食事としてもおすすめ。今回は、そんな雑炊の基本レシピや時短レシピ、調子が悪い時にプラスしたい具材などをご紹介します。


健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。


最新の投稿


郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

郷土料理|冬においしい2食材で作る、「ぶり大根」の栄養と作り方のコツ(石川県・富山県)

晩秋から初冬に雷が鳴る「ぶりおこし」が起こったら、本格的な能登のブリ漁のはじまり。冬のブリは脂がしっかりのって美味なこと、成長によって名前が変わる出世魚であることから、石川県では年の瀬の贈答品としてよく選ばれます。いまでこそ全国的に作られるぶり大根ですが、実はもともと石川県・富山県の郷土料理でした。今回はブリと大根の栄養や、ぶり大根をパサつかせずにおいしく作るコツをご紹介します。


健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

健康習慣|ダイエットの基礎 “少しだけ”からはじめよう

新年からの新たなチャレンジとして、または年末年始に食べすぎてしまった分を元に戻すためにダイエットをしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、健康のために体を動かして体重をちょっと減らしたい時に知っておきたい、ダイエットの基礎知識をご紹介します。


健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト