文化|「端午の節句」 柏餅や菖蒲(しょうぶ)湯、子どもの健やかな成長を願って

文化|「端午の節句」 柏餅や菖蒲(しょうぶ)湯、子どもの健やかな成長を願って


5月5日は「こどもの日」であり、「端午の節句」でもあります。「こどもの日」とは、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として、昭和23年に国民の休日に制定されました。「端午の節句」とは、ずっと昔からある風習です。今回は端午の節句の由来と、菖蒲湯、ちまきや柏餅でお祝いをする意味などをご紹介します。

端午の節句は女性の日だった!?

男の子の健やかな成長と立身出世を願う、「端午の節句」。もともとは古代中国の邪気払いの風習と、日本古来の伝統行事「五月忌み」が結びついたものだったとされています。

中国における5月は、雨季がはじまり病気や厄災が訪れる悪月(あくげつ)とされ、お払いが必要な月。また、月と日の数が重なる日は邪気を払う日とされていたため、5月5日は薬草を摘み、菖蒲を煎じて飲んだり、菖蒲を漬けたお酒を飲むなど、厄払いをする日だったようです。現在も厄除けの菖蒲酒や、ちまきや柏餅をいただく習慣が残っているそう。

また、5月の日本は田植えのシーズン。この時期には若い女性たちが神社などにこもって体を清め、田植えという神聖な行事に備える「5月忌み」という伝統行事がありました。

この2つの習慣が融合して、田植えの前に女性たちが菖蒲で体を清めて邪気を払う儀式となったのが、飛鳥時代の日本に生まれた「菖蒲の節句」で、これが「端午の節句」のはじまりです。

菖蒲の節句が男の子のためのお祭りに変わっていったのは、武士の力が強くなった平安から鎌倉時代のころ。菖蒲が尚武(しょうぶ:武事・軍事を重んじること)に通じること、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから男子の節句となり、江戸時代の公式行事となったのです。

端午の節句に欠かせない「柏餅」

柏餅を食べるようになったのは、男子の節句として祝うようになってからのこと。柏餅をくるむ柏の葉は冬になっても落ちることがなく、新芽が出るまで落葉しないという特徴があります。葉が途絶えることがないことから「跡継ぎが絶えない、子孫繁栄」に結びついて、跡継ぎを重要視する武家の多かった江戸を中心に柏餅が広がっていきました。

柏の葉が自生していない西の地方では、サルトリイバラという別の植物の葉を使うところもあります。サルトリイバラは別名「山帰来(さんきらい)」「ガメ」ともいい、この葉で作った柏餅は「さんきらい餅、さんきら餅」や「ガメの葉餅」とも呼ばれています。

菖蒲湯で邪気払い

端午の節句は「菖蒲の節句」とも呼ばれていたように、本来は菖蒲を用いた厄払いの行事です。
菖蒲の香りは邪気を払うと言い伝えられ、菖蒲湯のほか、前述した菖蒲を漬けたお酒や、菖蒲の束を軒先に吊るす、菖蒲を編んで枕にするなど、さまざまな邪気払いの方法に用いられました。

この菖蒲の葉の香りの素となる成分はアザロン、オイゲノールといった香り成分で、血行促進、疲労回復などの効果が期待できます。菖蒲をお風呂に入れるのは、単に縁起がいいだけでなく、昔の人々が発見した健康の知恵でもあるのです。
葉よりもさらに香りの強い根の部分を乾燥させた「菖蒲根(しょうぶこん)」は、健胃や鎮痛の生薬として、古来より用いられています。

ちなみに菖蒲湯に使用する菖蒲は、青や紫の美しい花をつける花菖蒲とは別の植物です。花菖蒲とあやめはどちらもアヤメ科ですが、菖蒲湯の菖蒲はサトイモ科ショウブ属。菖蒲と書いて「あやめ」とも読むので、ちょっとややこしいですね。

端午の節句は江戸時代から男子の行事ですから、現代でも5月5日には兜や武者人形が飾られます。子どもたちと一緒に柏餅や菖蒲湯を楽しみながら、その由来や健康と成長を願う気持ちも子どもたちへ伝えていきたいものですね。

端午の節句といえばもうひとつ、鯉のぼりも欠かせませんね!鯉のぼりの由来や鯉のぼりのお祭りなどは、こちらで紹介しています。

最新の投稿


健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

健康習慣|秋の過ごし方7選 冬の前に整えよう、秋バテ・感染症対策・メンタルケア

夏から秋へ、秋から冬へと、季節の移り変わりは、私たちの体調にも変化を与えます。夏の疲労が残る初秋、日が短く乾燥する中秋、冬に向けて体を整える晩秋と、これまでご紹介した健康記事のなかから、秋の健康管理にぴったりの記事をまとめました。


おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


健康法|マスクドライアイに要注意

健康法|マスクドライアイに要注意

「マスクドライアイ」とは、マスクの隙間から漏れた呼気が目に当たり、眼球の表面を乾燥させてしまうこと。マスクが欠かせない生活が長引いていることに加え、テレワークでパソコンと向き合う時間が増えたことも相まって、このマスクドライアイが増えているといわれています。マスクドライアイは、目の不快感につながるばかりか、他の原因によるドライアイの症状を悪化させてしまうことがあるため、注意が必要です。


健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

健康メニュー|やさしい味わいのヘルシー料理「白和え」の栄養と作り方のポイント

和食の小鉢料理として代表的なメニューのひとつ「白和え」。豆腐をベースに野菜やこんにゃくを和えた、素朴でやさしい味わいが楽しめる、昔ながらの料理です。子どもの頃は苦手に感じることもある料理ですが、大人になってからそのおいしさに気づいた方も多いのでは?今回は、そんな白和えの栄養やオーソドックスな白和えの作り方についてご紹介します。


健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

健康習慣|注目の調理法「コールドスタート(コルスタ)」でヘルシーに

フライパンで調理をする時、まずは熱したフライパンに油をなじませてから食材を入れることが多いでしょう。「コールドスタート(コルスタ)」は、その常識をくつがえすようなフライパンによる調理法。フライパンに油と食材を全て入れてから火をつけます。コールドスタートで調理をすると、低温の状態からじっくり火を通すので、肉や魚、野菜のうま味が引き出されます。焦げつきや油ハネもしにくく、コンロやレンジフードがベタつかないというメリットもありますよ。


せたがや日和とは?
世田谷自然食品ホームページ
シーク公式ブランドサイト